日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 金属バット友保もドン引き…
TPの芸人礼賛TPの芸人礼賛

金属バット友保もドン引き… タレント性が高すぎる吉本興業のマネージャーたち

文=高橋雄作(TP)|たかはしゆうさく(ティーピー)

 この年末年始も、テレビではたくさんのお笑い特番が放送され、劇場では「○○no寄席」をはじめとする新春恒例のお笑いライブが多数開催された。今やそのほとんどがオンラインで視聴できるため、家から一歩も出ることなく「お笑い漬け」の年末年始を過ごすことができる。

 しかし、本当にそれでいいのだろうか。便利な世の中になったからこそ「生」で観るお笑いに価値があるのではないか。そんな天邪鬼、逆張りの精神で僕は新年早々1泊2日「大阪お笑い遠征」を敢行した。そこで僕は「大阪の笑い」に感動したので、旅日記のような形でここに記させてもらう。

 1月4日
 夕方に都内でラジオ収録を終え、急いで新幹線に飛び乗り大阪へ。まず向かったのが、道頓堀から程近い「楽屋A」という劇場だ。「楽屋A」は、簡単にいうと主に「非吉本」の芸人が出演する劇場である。加藤進之介さんという若いイケメンのお兄さんが一念発起して脱サラ開業、芸人ファーストをモットーに数人の仲間と切り盛りしている。

 その日は「口火」というバトルライブが行われていた。どうやら楽屋Aで行われているライブの中でいちばんマニアックなライブのようで、MCが「年始からバトルライブに出る芸人も、観に来る客もお笑い好きすぎる」と言っていたが、本当にその通りの濃い内容だった。大学お笑いサークル所属の芸人、フリー芸人、兼業芸人、芸歴20年超え松竹孤高のピン芸人竹下ポップさんなど、多種多様な大阪芸人がしのぎを削っていた。かなりディープではあったが、出演者も客もスタッフもお笑い愛にあふれた素敵な空間だった。

金属バット友保もドン引き… タレント性が高すぎる吉本興業のマネージャーたちの画像1
バトルライブ「口火」の様子(以下、写真すべて筆者提供)

 その日はガングリオンという若い男女コンビが優勝したのだが、クボさんという女性のほうが、達者かつパワフルで芸人としての華を感じたので今後要注目。

 大阪のお笑いの本流は吉本、というのは今も変わらないのだが、こうして大阪の別の場所からお笑いのムーブメントが徐々に起こりつつあるのはとても喜ばしいことだ。「楽屋A」はステージも客席もきれいでしっかりしていて、初見さんも入りやすく、ほぼ毎日何かしらのお笑いライブを開催しているのでぜひ足を運んでみてほしい。

金属バット友保もドン引き… タレント性が高すぎる吉本興業のマネージャーたちの画像2
「楽屋A」入り口

 ライブ終わりに『THE W』決勝常連のにぼしいわしと食事。彼女たちはどこの事務所にも所属せずフリーで活動しているのだが、大阪を拠点にフリーで活動することがいかに大変か、だからこそやりがいがあって唯一無二になれると信じて道を切りひらこうとしている2人に胸打たれた。そしてしっかりと大阪芸人のゴシップも仕入れさせてもらった。ありがとうにぼしいわし。

金属バット友保もドン引き… タレント性が高すぎる吉本興業のマネージャーたちの画像3
にぼしいわしと筆者

12

金属バット友保もドン引き… タレント性が高すぎる吉本興業のマネージャーたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真