日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > “元アスリート枠”なぜサッカーだらけ

前園真聖、本並健治…テレビ界の“元アスリート枠”がサッカーだらけで野球が消えたワケ

文=石井洋男(いしい・ひろお)

前園真聖、本並健治…テレビ界の元アスリート枠がサッカーだらけで野球が消えたワケの画像1
前園真聖さん

 テレビ界で完全に1つのキャラとして定着した「元アスリート枠」。バラエティ番組や情報番組、報道番組まで、あらゆる番組に必ず1人は元アスリートがいるような状況だが、近年目立つのが元サッカー選手の活躍だ。

 前園真聖、中澤佑二、大久保嘉人、本並健治などが毎日のようにテレビに出ており、昨年限りで引退した槙野智章もさっそくテレビに出まくっている。サッカーと人気を二分する野球出身者で元気なのは長嶋一茂ぐらいだが、いつから勢力図が変わったのか。

「大きな理由は、プロ野球中継が地上波から消えたことでしょう。かつて巨人戦が毎日中継されていた頃は、セ・リーグの主力選手の名前は一般常識でしたが、今や野球中継はBSや有料放送で見る時代。MVPを取るような選手でも、一般層から見れば、誰? という状態です。巨人のスタメンクラスでも、全世代的な知名度があるのは坂本勇人と中田翔ぐらいでしょう。

 それに対してサッカーは、W杯なら予選から地上波で放送されますし、オリンピックというイベントもある。普段のJリーグ中継は見向きもしない層にも、4年に1度のW杯で選手の顔や名前が浸透するので認知度は野球よりも高く、それが引退後のタレントとしての価値につながっています」(広告関係者)

 情報量では、キャンプさえニュースになる野球が圧倒的に上だが、知名度UPには“短期集中型”のサッカーのほうが効果的なよう。もっとも、引退後の生活がサッカー選手のほうが恵まれているかといえば、それはまた別の話だ。

「プロ野球は歴史が長く、ビジネスとしても巨大で、引退後の受け皿が整っています。一流選手であれば、引退すれば即、コーチや監督の道が用意されますし、解説者として新聞やテレビ局と契約を結び、外から野球を見る手ある。名球会に入っていれば野球教室などの仕事もありますし、球団の親会社に入るようなパターンもある。完全にタレントになると球界に戻るのが難しくなるので、そのバランス感覚には気を遣うでしょうね。

 一方のサッカー界は、指導者になる場合はライセンスが必要で、引退した選手がすぐにJリーグの監督になることはできません。また、野球に比べれば監督やコーチの報酬も安い。先日、日本代表の森保一監督が年俸2億円で2年契約を結んだと報じられましたが、それは例外中の例外。引退後にサッカー界に残っても大して稼げないなら、“いっそ芸能界で”と考えるのは自然な流れです。

 子どもの間では今やスポーツと言えば野球よりもサッカーで、今後はこういった図式が変わるかもしれませんが、サッカー選手のセカンドキャリアは、サッカー界が抱える大きな問題。平均年俸や生涯収入は、まだまだ野球に軍配が上がるのが現実です」(フリーのスポーツライター)

 野球選手もサッカー選手も、引退してから本当の勝負が始まるのかもしれない。

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2023/01/21 07:00

前園真聖、本並健治…テレビ界の“元アスリート枠”がサッカーだらけで野球が消えたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真