日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 沖田臥竜×藤井道人『インフォーマ』を語る

『インフォーマ』は「世の中を知った気になっている者たち」へのカウンターである【対談・沖田臥竜×藤井道人】

文=瀬津真也/写真=名和真紀子

再びタッグを組んだ沖田氏(右)と藤井監督(左)

今度は、元極道の情報屋だ! アウトローの世界から作家に転じ、リアリティー迫る世界観とハードボイルドさ、そこに関西人らしいユーモアも交えた独特の作風で人気の小説家・沖田臥竜氏。その沖田氏が新たに書き下ろした小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)が、1月から関西テレビでドラマ化される。総監督・プロデュースをするのは、映画『ヤクザと家族 The Family』とドラマ『ムショぼけ』という、2つの沖田小説を映像化した藤井道人監督。またもや刺激的な作品を世に放つゴールデンコンビが、ドラマ放送に先駆けて、その舞台裏を語り合った――。

韓流を超えるようなアンダーグラウンド作品を目指して

 今度の物語は、1年前に放送された刑務所帰りの元ヤクザがシャバの生活に四苦八苦する『ムショぼけ』のソフトタッチとは一線を画している。元ヤクザの情報屋「インフォーマ」と三流週刊誌の若手記者がバディーを組んで、殺人も厭わない闇組織の真相を追うハードボイルドなクライムサスペンスだ。

 社会の表から裏まで各種情報を網羅し、それを自在に操ることで実体社会を意のままに動かす謎の集団「インフォーマ」とはいったい何者なのか。日常生活ではお目にかかることのできない世界が、抗争とともにが繰り広げられていく物語となっている。

――沖田さんと藤井さんは、2年間で3回目のタッグを組まれました。今回の企画はいつ、どんな着想からスタートしたのですか?

藤井 去年(2021年)の1月ですね。ちょうど映画『ヤクザと家族 The Family』が公開されて、ドラマ『ムショぼけ』の打ち合わせをしている最中でした。

沖田 ほかのスタッフが帰って二人きりになったときに、藤井さんから「またやりません? 次の小説はもう考えておられますか?」と声を掛けてもらったんです。

藤井 沖田さんはネタをたくさん持っていて、『ムショぼけ』もあっという間に書き上げられていたので、ほかに何か題材はないかなと尋ねました。すぐに「情報屋」の話を出してくださり、「おもしろい、それいけますね!」って、またもや2人で(企画を)雪だるまのようにどんどん大きくしていって、小説→ドラマというプランにまで育てました。

――前二作は沖田さんの実体験も反映されていることが想像できましたが、今回の情報屋のような経験は?

沖田 ほぼそのまま(実体験)ですよ。いわゆるそこ(ヤクザ)から足を洗ってからは、そういう情報を集めることをしていましたよね。それって、すなわち人脈を広げるってことでもあって、それが藤井さんと知り合うきっかけにもなったわけです。

藤井 僕は、沖田さんと出会った当初から「この人はどこからこんな早く色んな情報を仕入れてくるんだろう」って、驚かされていたほどでしたが、親しくなってわかりました。広い人脈を持たれているから、自然と情報が集まっていたんです。そんなことに加えて、僕から沖田さんには「日本では、韓流を超えるようなアンダーグラウンド作品がなかなか撮らせてもらえない。本当は撮りたい」と相談したことが、この作品につながっていきました。

沖田 自分にとっては、目の前の人間を喜ばせることが、小説を書く最初の大きな原動力なんです。今回も、まずは藤井監督におもしろがってもらいたかった。それに、自分の書きたいことにだけに固くこだわるタイプじゃないから、藤井監督と話もしながら「ほんならこんな展開にしてみましょか。こっちには別のことを足してみますか」と、いろいろ変えていった。藤井監督はお世辞を言う人じゃない。ご自分でも脚本を書かれていた人だから、その目は厳しい。そんな人に心から喜んでもらうことって、こっちの自信にもなっていくんですよ。

『インフォーマ』のキービジュアル(©カンテレ)

――藤井監督は、そんな沖田小説を映像化するイメージも抱えて企画を進めていかれました。

藤井 韓国ではバイオレンス作品でも国民的な大ヒットを生むけれど、ドメスティックな空間でテレビドラマを作ってきている日本では、その成功がなされていない。人気漫画の原作ものでヒットを当てることも大切だけど、(表現を)拡張するギャンブルもしていかないといけないと、常々思っていました。(殺人シーンもある)今作が(沖田&藤井コンビの)1発目だとテレビ局からもゴーサインは出なかったかもしれないけれど、先に(ハートフルな)『ムショぼけ』で、各所から良い感触を得られていたことが、大きかったです。

――テレビ界でも沖田&藤井コンビが信頼されたということですね。

藤井 その上で、俳優さんたちが「本が素晴らしいからやりたい」と快諾してくれました。主演の桐谷健太さんも、狂気に満ちた役を演じた森田剛さんも、生き生きと演じてくれました。「やっぱりみんな、こういう作品を求めていたんだ」と実感させられました。

12

『インフォーマ』は「世の中を知った気になっている者たち」へのカウンターである【対談・沖田臥竜×藤井道人】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真