日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 芸人カミナリがテレビから消えた?

芸人カミナリがテレビから消えた?上沼恵美子の苦言とバラエティの悲しい裏事情

芸人カミナリがテレビから消えた?上沼恵美子の苦言とバラエティの悲しい裏事情の画像1
カミナリ(「グレープカンパニー公式サイト」より)

 芸人カミナリの活動が鳴りを潜めている。ボケで坊主の竹内まなぶ、その頭をド突くツッコミの石田たくみによる、茨城出身のコンビだ。2017年の「タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)では、前年と比較して番組出演本数が最も増加した「2017ブレイクタレント」の1位に輝いた。飛ぶ鳥を落とす勢いだった2人だが、以前と比べてあまり見かけない。彼らを取り巻くテレビ界の悲しい現状とは?

 「2017ブレイクタレント」で堂々の1位になった当時、番組出演本数は前年16年の5本から230本増加の235本と爆上がりだった。

 「これは、まず『M-1グランプリ2016』(テレビ朝日系)で決勝7位に残ったことが大きい。新人芸人の見本市でもある『M-1』では、成績が下位でもキャラ立ちしていれば各番組からオファーされることが多い。昨年末のM-1で、昔からの毒舌漫才を新しい形で見せて優勝したウエストランドと同じような“見つかり方”でした。つまり、いまだに“ド突き漫才”で笑いが獲れることを業界人に再認識させたわけです。当然、事務所の先輩であるサンドウィッチマンとのバーターによる売り込みもありました」(テレビ業界関係者)

 17年末の『M-1』では決勝9位に残り、かろうじて爪痕を残したカミナリだったが、その後『M-1』での成績はふるわない。

 「17年の『M-1』で、彼らのネタについて審査員の上沼恵美子が『叩いて笑いが来ない。あのド突きは要るんやろか』『これ(ド突き)なしでツッコんでも笑いは来ます』と講評していました。一回りして新しく見えていたはずの武器ですが、見ている側も耐性ができてしまい、腹を抱えるほどの笑いなのか、逡巡し始めたとも言えます。ちなみに、昨年末までの彼らの『M-1』参戦の歴史は、不参加(2018)、準決勝敗退(2019)、不参加(2020)、準々決勝敗退(2021)、準々決勝敗退(2022)と低迷が続いています」(同)

 最近のカミナリは、フジテレビやテレビ東京といった民放キー局での露出もいまだにあるが、大半はBSテレ東、TOKYO MX、中京テレビ、とちぎテレビなどに集中している。

 「キー局への食い込みが今一つ伸び悩んでいる背景として、単純に旬が過ぎたことも当然ありますが、昨今のコンプライアンス事情が絡んでいることも考えなければいけません。近年は『痛みを伴う笑い』について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が警鐘を鳴らしています。ただし、それを鵜呑みにして出演オファーを控えるというよりも、むしろ、どの場面もド突きありきの笑いが求められる“ワンパターン化”したカミナリの起用について、ロケの撮れ高として疑問を持ち始めたという事情もあり得ます。彼らは茨城なまりも特徴ですが、いわゆる“方言キャラ芸人”は『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でも活躍しているU字工事もいます。その意味で、カミナリの優位性が失われてしまったのではないでしょうか」(同)

 タライ落とし、ハリセン、洗濯ばさみを顔面につけて引っ張るなど、痛みを伴う罰ゲームが減り、今やCO2の噴射程度。果たして、カミナリはコンプラ重視の業界に再び雷鳴をとどろかすことができるのか?

1978年生まれ。大学卒業後、放送作家の道へ。情報番組や音楽番組、ワイドショーも担当。現場感覚を生かしてライターとしても活動。明太子好き。

いまいりょうすけ

最終更新:2023/01/26 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真