日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 中丸雄一がツイート「恥晒した!」
『旅サラダ』KAT-TUN中丸雄一リポーターを見守る会 #52

【悲報】中丸雄一、『旅サラダ』で和紙に「漫」の字を書き間違える「恥晒した!」

【悲報】中丸雄一、『旅サラダ』で和紙に「漫」の字を書き間違える「恥晒した!」の画像1
『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)公式YouTube「【発掘!ニッポン なかまる印】のその後に・・・#25」より

中丸クイズの正解判定の強引さに、いつも周囲が困惑

『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)のコーナー「発掘!ニッポン なかまる印」でリポーターを務めるKAT-TUN中丸雄一。4月22日放送回で彼が訪れたのは、福井県越前市だった。「なかまる印」が越前市に訪れるのは、昨年7月23日放送回に次いで2度目である。

 今回の「なかまる印」が深掘りするのは、「福井から世界へ! 越前和紙の新たな挑戦」だそう。越前市に居を構える「五十嵐製紙」では、ある変わったものを原材料に紙を作っているらしいのだ。

 ということで、この日のゲストである俳優・大倉孝二に中丸はクイズを出題した。

中丸 「これ(原材料)、一体なんだと思いますか?」

大倉 「……海藻!」

中丸 「あっ、素晴らしいかもしれない」

 期待を持たせる中丸。しかし、正解は「農家や食堂で廃棄予定だった野菜や果物」であった。

「大倉さん、残念! どちらかというと海ではなくて山のもの、野菜と果物でした。まあ、でもほぼ正解です」(中丸)

 海のものと山のものをひとまとめにしようとする中丸が、暴論すぎて笑う。彼は毎回、誤答にまで全肯定の態度でいるため、周囲の人間は正解だったか不正解なのかボヤっとしてしまうあたりが困りもの。中丸流だ。

器用なはずの中丸に止まらないダメ出し

 野菜や果物を原材料にした「Food Paper」はそもそも、五十嵐製紙の代表・五十嵐康三さんのお孫さんである優翔さんからインスパイアされたものらしい。優翔さんが小学4年生のときに葉っぱや野菜から紙を作る自由研究を行い、そのアイデアをもとに商品化へと発展したそうなのだ。環境にやさしいし、フードロス解消にもなるし、文句なしにいいエピソードである。

「なにそれ、すごいんだけど」(中丸)

 急に、ギャルみたいなリアクションをとる中丸。そんな中丸が、このFood Paperづくりに挑戦する。今回は玉ねぎの皮を撹拌し、それを水に入れ、紙漉きして仕上げるようだ。

 指導してくれるのは、五十嵐代表の奥様で、優翔さんの祖母にあたる美佐子さん。

中丸 「正直、どうですか。(紙漉きの)センスはどう見えますか?」

美佐子 「結構、いいですよ。中丸さん、器用ですから。もう少し、多く水をすくいましょう。もう少し頑張りましょう。はい、頑張って! もう少し、たくさん汲みましょう」

「器用だから」と言われたのに、手直しが異常に多く入り、「もっとすくって」とガンガン煽られ続ける中丸。一生言われ続けそうな勢いだった。

中丸雄一「おい!全国放送で恥晒した!」

 約1時間後、Food Paperは完成した模様。紙の色はほのかに黄色で、たしかに玉ねぎの皮を使った和紙である。この紙に、習字セットを用意していた中丸が字を書き込むようだ。

「個人的な今年の漢字1文字を書かせてください。習字のうまさはほっといてくださいね?」(中丸)

 とは言いつつ、Food Paperに筆を入れる彼の字は達筆っぽい。なにしろ、中丸は書道初段を取得している。そんな彼が綺麗に書き込んだ漢字1文字は、「漫」であった。

「個人的に趣味で漫画を描いてるんですけども、いよいよ今年は世に出したいと思ってるので、その決意の『漫』としました!」(中丸)

 中丸が書いた「漫」の字を見ると、想像していた「漫」と違うのだ。『旅サラダ』を見ていた各ご家庭も、キョトンとなったはずである。

 左にさんずいを書き、右側は一番上が「日」で、その下には横に伸びた字体で「四」で、その下に「又」を書いて「漫」のはずだが、中丸が書いた「漫」は「四」と「又」の間にいらないワ冠が入ってしまっていた。「ワ」はいらない。

 中丸の「漫」を見て、スタジオにいるレギュラー陣もざわついている。

「旧字だっていう説もありました」

「中丸の字だと思えばいいんです。中丸文字だと思えば」

「自分が書きたい字でいいんですよ!」

 みんなが字の正しさについて審議しているなか、「書きたい字を書けばいいんです」と、勝俣州和がものすごい角度のフォローを始めた。中丸だけでなく、勝俣まで暴論を吐く始末である。

 でも、わかる。大人になるにつれて字を書く機会は減るし、誤字もしやすくなる。ある意味、あるあるだ。早稲田出身(中丸は早稲田大卒)でも漢字を間違えるなんてちょっと安心したし、なにより、ハプニングは生放送のスパイスだ。

 というわけで、中丸の今年の一文字は「漫」(中丸オリジナル字体)だった。

『旅サラダ』放送直後の午後12時32分、中丸がこんなツイートを発信している。

 さらにその約1時間後、午後1時34分にはこんなツイートも発信された。

『旅サラダ』で漢字を書き間違えたまではいいが、それをお題に今度は大喜利を主宰し始める中丸。なんなの、この人は? 可愛いだけでは終わらないのが、ベテランアイドルの味か。

寺西ジャジューカ(芸能・テレビウォッチャー)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

てらにしじゃじゅーか

最終更新:2023/04/29 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed