日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『劇場版 緊急取調室』お蔵入りも?

市川猿之助出演『劇場版 緊急取調室』お蔵入りも?撮り直し困難なワケ

市川猿之助出演『劇場版 緊急取調室』お蔵入りも?撮り直し困難なワケの画像1
映画『劇場版 緊急取調室 THE FINAL』公式サイトより

 5月18日、歌舞伎俳優の市川猿之助が東京・目黒の自宅で倒れ、意識もうろうとなって救急搬送された騒動。同居していた両親はまもなく死亡が確認され、現在は警視庁が両親の死因を捜査しているが、事件の可能性もあるという。

 現在、東京・明治座では猿之助が出演していた『市川猿之助奮闘歌舞伎公演』の真っ最中だが、明治座は猿之助の代役を中村隼人と香川照之の19歳の長男・市川團子が務めると発表。

 猿之助は、6月と7月に東京・歌舞伎座での大歌舞伎、来年2月からのスーパー歌舞伎II『鬼滅の刃』への出演も控えているが、こちらも近く代役が発表される可能性がありそうだ。

 また、舞台以外でも引っ張りだこだった猿之助は、来月16日から公開予定の天海祐希主演映画『劇場版 緊急取調室 THE FINAL』にも、内閣総理大臣・長内洋次郎役で出演。

 同作は、テレビ朝日系連続ドラマシリーズ『緊急取調室』の初の劇場版で、一部報道によると、猿之助は初日舞台あいさつの登壇者に名前があるものの、出ない可能性が高いという。加えて、猿之助の両親の司法解剖の結果、もし事件性があるなどした場合、公開延期や中止もあり得るそうだ。

 なお、同映画のキャッチコピーは「最後の敵は、内閣総理大臣。」で、“総理大臣襲撃事件”が発生する場面から、大きな展開が始まる模様。さらに、天海演じる刑事が、猿之助演じる総理大臣に事情聴取をするシーンが山場の一つと見られる。

 一般的に、脇役キャストが不祥事を起こした場合、出演シーンを編集で排除したり、代役を立てて撮り直すケースも多い。しかし、今回の映画の場合、猿之助演じる役どころの重要さや出番の多さから、再撮影は容易ではなさそうだ。

 現状、お蔵入りの可能性も否定できない『劇場版 緊急取調室 THE FINAL』。

「劇場公開にあたり、記念特番やTverでの一挙放送なども予定されていたが一旦ストップしています。またテレビ朝日では、猿之助がSixTONESのジェシーと異色タッグを組んだドラマ『最初はパー』のDVDボックスが7月21日に発売予定だが、こちらも今後の同行次第ではどうなるか……」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 など、局をあげて大々的なプロモーションも予定されていたようだが、果たしてどうなるか……。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/05/20 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

ビートたけしは有吉が嫌い!?

 年末恒例の『NHK紅白歌合戦』。今年は、故...…
写真
イチオシ記事

ランジャタイ、その夢のあとさき

 毎年、さまざまなドラマが語られる『M-1』ラストイヤー組。その中でも昨年、注目を集めたのがランジャタイだった。  特に“黒ずくめのおかっぱ”伊藤...…
写真