日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『トリリオンゲーム』が今期7位に転落
TVerドラマ人気ランキング特別編

『ハヤブサ消防団』『ウソ婚』上昇で『トリリオンゲーム』は7位転落…TVerお気に入り登録者数ランキング

『ハヤブサ消防団』『ウソ婚』上昇で『トリリオンゲーム』は7位転落…TVerお気に入り登録者数ランキングの画像
『ハヤブサ消防団』ドラマ公式サイトより

 「テレビ番組の無料見逃し配信」としてすっかり定番化したTVer。今年5月には月間動画再生数が3億5877回と過去最高を更新し、TVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)も同様に過去最高記録(2800万)を達成した。TVerの月間動画再生数は2020年10月の時点では1億回、2021年10月時点では2億回、今年3月時点で3億回であり、右肩上がりの勢いでサービスが浸透・成長していっていることがわかる。

 TVerが公開している再生数ランキングにおいて、ドラマの放送時期は総合トップ30の大半をドラマが占拠しており、TVerアプリの累計ダウンロード数も今年4月時点で6000万を突破。令和のドラマ視聴においてTVerは間違いなく無視できない存在だ。

 しかしTVerは、かつては番組再生数の実数をクール毎にランキング形式で発表していたものの、2022年1-3月期を最後に発表がなくなった。初回の見逃しの再生数や、新記録を打ち立てた際(『silent』はTVerでの累計再生数が7300万回を超えて歴代新記録)などに発表される程度にとどまっており、具体的な数字が公開される機会は少ない。

 そこで、視聴率だけでは見えにくい夏ドラマの人気度合いを、TVerの「お気に入り登録者数」から測ってみる。今回は、8月18日12時時点での登録者数を、前回記事(8月10日時点)との比較から見ていく。

『VIVANT』独走、『ハヤブサ消防団』『ウソ婚』はさらに上昇

『ハヤブサ消防団』『ウソ婚』上昇で『トリリオンゲーム』は7位転落…TVerお気に入り登録者数ランキングの画像2

 堺雅人主演のTBS系日曜劇場『VIVANT(ヴィヴァン)』の圧倒的な強さは変わらず。増減数を見てもらえばわかるが、後半戦に差し掛かってほとんどのドラマがお気に入り登録者数の増加ペースがひとケタとなっているなか、『VIVANT』はまだ2ケタ増/週が続いており、2位以下との差をさらに広げている。世帯視聴率でも、初回11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から第5話で14.2%にまで上昇しており、“半沢直樹現象”ふたたびとなりそうな気配も出てきた。

 増加ペースでも『VIVANT』に続いて好調なのが松岡茉優主演の日本テレビ系土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』。8月10日付の前回記事でフジ月9『真夏のシンデレラ』を抜いて2位に上昇した『最高の教師』だが、前回は『真夏のシンデレラ』との差はわずか2万だったのが、今回は5.1万と倍以上に差を広げている。ドラマも、タイムループというSF的な仕掛けが新展開を呼びそうな気配で、盛り上がりを見せているところだけに、今期2位の座は揺るがなさそうだ。

 『真夏のシンデレラ』は引き続き3位だが、お気に入り登録者数の増加ペースでは『最高の教師』に次ぐ勢いを見せているのが中村倫也主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』で、8月10日付の前回記事でも指摘していたとおり、日本テレビ系日曜ドラマ『CODE-願いの代償-』を抜いて、今期4位まで上昇。視聴率でも、1週の放送休止を挟んだことで第3話で7.5%まで下がったものの、以降ふたたび上り調子となっている。『真夏のシンデレラ』との差は10万以上あるため、さすがに3位まで上昇することはなさそうだが、今期4位の座はこのままキープしそうだ。今期ドラマでお気に入り登録者数100万を突破しているのはまだ3作しかないが、『ハヤブサ消防団』も大台に近々突入するだろう。

 さらに順位変動を見せたのが、Sexy Zone・菊池風磨主演のカンテレ制作・フジテレビ系列放送の火ドラ☆イレブン『ウソ婚』で、こちらも8月10日付の前回記事で「『トリリオンゲーム』に迫っている」と指摘したが、予測どおり、Snow Man・目黒蓮主演のTBS系ドラマ『トリリオンゲーム』を抜いて6位に上昇。『トリリオンゲーム』は7月25日付の前々回記事では5位だったのが、8月10日付の前回記事で6位に、そして今回で7位まで転落することになった。『ウソ婚』と『トリリオンゲーム』はデッドヒートを繰り広げていて、『トリリオンゲーム』の新しい放送があると一瞬『ウソ婚』を超える瞬間もあるのだが、増加ペースを見ればわかるとおり、『トリリオンゲーム』はかなり勢いが下がっており、徐々に『ウソ婚』に差を付けられそうだ。増加ペースが、いち早くスタートしたことですでに第7話まで進んでいる『CODE』とほぼ同レベルなのも気がかりなところ。

 8位以下は順位変動がなかったが、今期11位のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『警部補ダイマジン』の増加ペースがほぼ横ばいとなり、12位のフジテレビ系水曜ドラマ『ばらかもん』が抜き去りそうな気配だ。一方、テレビ朝日系オシドラサタデー『ノッキンオン・ロックドドア』は7月29日放送開始とスタートが遅かったにもかかわらず、早くも増加ペースが伸び悩んでおり、このまま勢いが下がっていくと、下手すると日本テレビ系木曜ドラマ『彼女たちの犯罪』に抜き去られるかもしれない。SixTONES・松村北斗×なにわ男子・西畑大吾のW主演で、堤幸彦監督という話題作の『ノキドア』だったが、思いのほか勢いに欠けるようだ。

 またトップ15以下では、8月6日にスタートしたばかりの飯豊まりえ主演・テレビ朝日系日曜ドラマ『何曜日に生まれたの』は30.6万人(18日12時時点)で今期19位となり、7月20日にスタートしているフジテレビ系木曜劇場『この素晴らしき世界』(28.7万で今期21位)を早くも抜き去った。鈴木京香の体調不良により主演が急きょ若村麻由美に変更になった『この素晴らしき世界』は、視聴率も3%台にまで落ちており、厳しい状態が続いている。

 

新城優征(ライター)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

しんじょうゆうせい

最終更新:2023/08/18 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真