日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 平野紫耀『クロサギ』続編報道!

平野紫耀『クロサギ』続編報道! 手放しで喜べないファンの言い分とは?

平野紫耀『クロサギ』続編報道! 手放しで喜べないファンの言い分とは?の画像1
平野紫耀

 昨年11月にジャニーズ事務所を退所し、現在はTOBEの看板タレントである元King&Prince(以下、キンプリ)・平野紫耀。彼が主演を務めた昨年10月期ドラマ『クロサギ』(TBS系)の続編が制作される可能性が浮上し、ネット上で多くの平野ファンが反応している。

 2006年4月期に、山下智久主演作として初ドラマ化された『クロサギ』(同)は、08年に映画化も。そして昨年、テレビドラマのリブート作品として平野版が放送され、全話平均視聴率7.4%(世帯、ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し健闘した。

 この最終回のラストでは、「黒崎の旅はつづく」と続編をほのめかすような文字が登場したが、第3話放送日の昨年11月4日に平野が岸優太、神宮寺勇太とともにキンプリを脱退することを電撃発表していた。そのため、当時のネット上では「続編匂わせてたけど、紫耀くんジャニーズ事務所辞めちゃったら、主演続行は無理でしょ」と諦めムードのファンも見られた。

『クロサギ』続編報道、平野紫耀と山下智久を共演させる案も?

 しかし、今月3日発売の「女性自身」(光文社)は、TBS内で『クロサギ』の続編を制作しようという動きがあると報道。加えて、“初代クロサギ”の山下をスペシャルゲストとして登場させる案も出ているという。

 この報道を受け、ネット上では「紫耀くんのクロサギが、またこんなに早く見られるかもしれないなんて! 楽しみすぎる!」「今ならありえるね。ジャニーズ事務所はもう、辞めジャニをじゃまできないだろうし」と続編を期待する声が続出。

 一方、ジャニーズ事務所の現状を鑑みると、平野がキンプリを脱退したからこそ浮上した話ともいえるだろう。そのため、「そりゃあ続編が放送されたらうれしいけど、私はそれよりキンプリに残ってほしかったよ……」「紫耀くんには活躍してほしいけど、ジャニーズ辞めてよかったとは思いたくはない」と複雑な心境を吐露するファンも一部で見られる。

 また、主演俳優がジャニーズ事務所を退所した後も継続したテレビドラマシリーズといえば、草なぎ剛主演の「戦争シリーズ」(フジテレビ系、カンテレ制作)が思い浮かぶ。

平野紫耀、そもそも俳優業継続の意思は?

 同シリーズは15年1月期に『銭の戦争』、17年1月期に『嘘の戦争』が放送された後、同9月に草なぎが稲垣吾郎、香取慎吾とともにジャニーズ事務所を退所。

 制作側には“3部作”の構想があったようだが、テレビ業界の“ジャニーズ忖度”により草なぎは半ばテレビから干され、長らく実現しなかったのだ。

 しかし、退所から約6年がたった今年1月期、ようやく3作目の『罠の戦争』が放送に。これが草なぎにとってジャニーズ事務所退所後初の民放連ドラ主演作となったが、やはり忖度はなくならず、草なぎがテレビで“番宣”を行えたのはカンテレ制作番組などが中心で、通常通りのプロモーションは行えなかったようだ。

 TOBE移籍後のメディア露出は、今のところ“雑誌のみ”の平野。そもそも本人が俳優業を続けていきたいと思っているのか、気になるところだ。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/10/04 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

ビートたけしは有吉が嫌い!?

 年末恒例の『NHK紅白歌合戦』。今年は、故...…
写真
イチオシ記事

ランジャタイ、その夢のあとさき

 毎年、さまざまなドラマが語られる『M-1』ラストイヤー組。その中でも昨年、注目を集めたのがランジャタイだった。  特に“黒ずくめのおかっぱ”伊藤...…
写真