日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『下剋上球児』悲願の勝利と南雲の監督復帰

南雲の監督復帰にリーチ――『下剋上球児』悲願の公式戦1勝を達成、そして監督復帰の壁

南雲の監督復帰にリーチ――『下剋上球児』悲願の公式戦1勝を達成、そして監督復帰の壁の画像1
TBS 日曜劇場『下剋上球児』公式サイトより

 11月19日に日曜劇場『下剋上球児』(TBS系)の第6話が放送された。甲子園を目指す下剋上ストーリーは中盤を迎えながらも、いまだチームの核となる監督が定まらない越山高校野球部。待望の南雲脩司(鈴木亮平)の監督復帰に向けて、野球部員たちは2017年の夏の予選で下剋上の狼煙をあげる会心の放送回となった。

 実質部員1人だった越山高校野球部が甲子園出場を目指して成長していく本作品。その原動力の社会科教師・南雲は、理論的な指導と人情味あふれる親身なコミュニケーションで部員の心をつかむ。チームとしての成長の兆しが見え始めたとき、南雲は教員免許不所持の秘密を自白し、その結果越山高校野球部と南雲は世間から奇異の目にさらされることになる。監督が定着せず迷走する野球部、越山高校を辞め人目を忍ぶ生活を送る南雲。ドラマは鬱々とする展開に進みながらも、南雲と部員の“食卓”を交えた交流はひそかに続いていた。

 偽りの教師として教壇に立つという大罪を犯した南雲。事件が検察に送致され、その処分が下されるところから第6話は始まった。結果は不起訴。南雲が自首し罪を深く反省していることに加えて、越山高校野球部や卒業生、地域の人たちから寄せられた嘆願書が不起訴を後押ししたのだろう。世間の目や学内の目もあったはずだ。そのなかでも自分たちの意思で嘆願書を集めた生徒たちの熱意に南雲だけでなく筆者の目頭も熱くなった。

 南雲は自身が手を染めた悪事を悔い改めるあまり、終始元気がない。悪評が広まる地域では就職活動は難航し、妻・美香(井川遥)の元夫である小柳(大倉孝二)からは嫌味を浴びせられる始末。大きな背中を縮めて生活する南雲だったが、その背中を強く押したのはかつて手を焼いていた越山高校野球部員たちだった。

 舞台は2017年に開催された夏の三重県予選。1回戦の相手は、昨年大会ベスト8の五十鈴高校。地力の高さに加えて、現監督の山住(黒木華)にまつわるデマを吹き込む五十鈴高校野球部員・椎野(松本怜生)の存在もあり、越山高校は序盤劣勢に立たされる。それを打開したのは、椿谷(伊藤あさひ)の分析眼だった。南雲顔負けの観察力で相手ピッチャー・椎野のクセを見抜き、球種をあらかじめ特定することに成功し一転攻勢を仕掛ける。諦めずに攻略の糸口を見出した部員の姿に、球場通路でこっそり観戦していた南雲も思わず観客席に飛び出し静かに喜びを嚙み締める。それに気づいた越山高校野球部員は、人目をはばからず南雲に声をかけ、それに南雲も拳をかかげて応える。南雲は吹っ切れた様子を見せ、スタンドで観戦するようになり、過去を清算したうえであらためて部員たちと向き合う覚悟が伝わってきた。

 見事1回戦を突破した越山高校野球部員は、南雲に監督として戻ってくるよう訴えた。次回第7話では南雲が復帰するストーリーが描かれることだろう。大きな障壁となるのは、越山高校の校長・丹羽(小泉孝太郎)と犬塚(小日向文世)だ。障壁というのは語弊がある。なぜなら両名ともに、学校と野球部員のことを思い尽力する善人だからだ。その立場ゆえに、世間から南雲に厳しい視線が送られるなか、部員の声だけを聞いておいそれと復帰させるはずはない。南雲はこの2人の期待を裏切ったのである。真の贖罪を果たさない限り南雲の監督就任は実現しないだけに、どのようにしてこの壁を乗り越えるのか見ものである。

 さらに、越山高校野球部内での熾烈なレギュラー争いも楽しみだ。コールド負けにならないだけでも御の字だったのは過去の話。2017年夏から2018年夏までの1年は甲子園出場につながる急成長期間となる。エース・犬塚翔(中沢元紀)の活躍が目立つが、アンダースローの変則ピッチャーからオーバースローに転向した根室(兵頭功海)の成長も目を見張るものがある。エース争いという青春スポコンドラマど真ん中の展開も繰り広げられるのか、往年のドラマウォッチャーである筆者としては期待せずにはいられない。

■番組情報
日曜劇場『下剋上球児』

TBS系毎週日曜21時~
出演:鈴木亮平、黒木華、井川遥、小泉孝太郎、中沢元紀、生瀬勝久、小日向文世、松平健 ほか

脚本:奥寺佐渡子
原案:「下剋上球児」(菊地高弘/カンゼン刊)
音楽:jizue
主題歌:Superfly
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子、山室大輔、濱野大輝
編成:黎 景怡、広瀬泰斗
製作:TBSスパークル、TBS

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gekokujo_kyuji_tbs/

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/11/26 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真