日刊サイゾー トップ > エンタメ  > X JAPAN・Toshlまたハブ状態…

X JAPAN・Toshlまたハブ状態…YOSHIKIとの不仲を決定的にした「Red Swan事件」とは?

X JAPAN・Toshlまたハブ状態…YOSHIKIとの不仲を決定的にした「Red Swan事件」とは?の画像1
X JAPAN(写真/Getty Imagesより)

 10月に大腸がんで亡くなったX JAPAN・HEATHさんを偲ぶお別れ会『HEATH お別れ会-献花式 HEATH Farewell & Flower Offering Ceremony』(東京・Spotify O-EAST)に、「Toshlだけ不参加」であったことが発覚し、多くのファンを愕然とさせた騒動。12月7日発売の「女性セブン」(小学館)が、驚きの真相を報じている。

 11月28日に行われたこのお別れ会は、発起人であるX JAPANのリーダー・YOSHIKIが開催費用を全額負担したもの。同バンドは2018年9月の無観客ライブを最後に活動休止状態にあるが、お別れ会にはバンドメンバーのPATAとSUGIZOも参加。このほかにHEATHさんのバンド仲間約100人が駆けつけたという。

 かねてより“不仲疑惑”がささやかれているYOSHIKIとToshlだが、さすがにこの日は「メンバー全員が集結するだろう」と期待していたファンも多かったようで、ネット上では「ToshlはどうしてもYOSHIKIと顔を合わせたくないのか……」と不仲の深刻さにショックを受けるファンも見られた。

Toshlだけ献花式の「連絡なし」だった?

 しかし、前出の「女性セブン」によれば、実はToshlだけ関係者向けの献花式が行われることを知らされていなかったのだとか。ファンが参加する一般向けの献花式だけだと思っていたToshlが会場に訪れるわけもなく、関係者が集結していたことを知ったのは翌日の報道だったという。

 なぜToshlにだけ知らされなかったのかは不明だが、この報道が本当であれば、ますますYOSHIKIとの溝は深まったといえるだろう。

 ただ、Toshlが“ハブ状態”になったのは、今回が初めてではない。

 2018年7月、YOSHIKIが米ロサンゼルスで行われたアニメイベントで、テレビアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)のオープニングテーマとして、YOSHIKIとHYDEのコラボ曲「Red Swan」を「X JAPAN feat. HYDE」名義でリリースすると発表。

 この数日後、YOSHIKIはToshlのいない4人のレコーディング風景をSNSに投稿していたが、ファンから「Toshlが参加していないのに、X JAPANの名前を使うなんてありえない」「Toshlがかわいそう……」と批判が集中した。

X JAPAN活動休止の決定打は「Red Swan事件」か

 この騒ぎを受け、Toshlは「ニコ生」で「X JAPANのことは、最終的にはYOSHIKIが決める」「HYDEさんはYOSHIKIが選んだ」とファンに理解を促しながらも、「正直な気持ちを言えば、残念」と本音を吐露。

 一方のYOSHIKIも「ニコ生」で会見を配信したが、“Toshlに声をかけたがなかなか返事をもらえず、その間にHYDEと会って快諾してくれた”と、Toshlに原因があったかのように釈明。同時に、「YOSHIKI feat.HYDE」名義に変更することを発表した。

 もともとギャラ絡みのトラブルなどで不和が生じていたとも言われるYOSHIKIとToshlだが、この“Red Swan事件”が活動休止に至る決定打になったと見るファンも多いようだ。

 もはや修復不可能にも思えるYOSHIKIとToshlの関係。YOSHIKIは活動再開を望むようなコメントをたびたび発信しているが、その願いが叶う日は来るのだろうか。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/12/07 17:11
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真