日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 木村拓哉独立でSMAP再結成の懸念点

木村拓哉独立でSMAP再結成報道も、懸念はSMAPファンと旧ジャニファンの対立か

木村拓哉独立でSMAP再結成報道も、懸念はSMAPファンと旧ジャニファンの対立かの画像1
SMAP

 創業者である故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受けて、大幅に体制が変わった旧ジャニーズ事務所。タレントのマネジメントやエージェント業務を行うSTARTO ENTERTAINMENT(スタート社)は、4月から本格的に指導する予定だ。さらに、それにあわせて2016年で解散したSMAPの再始動計画が現実味を帯びていると、2月15日発売の「女性セブン」2024年2月29日・3月7日号(小学館)が報じている。

 記事によると、スタート社とエージェント契約を結ぶと見られていた木村拓哉だが、一転して独立の可能性が出てきたという。またスタート社の福田淳社長が“SMAP再結成容認派”であるうえ、複数のテレビ局もSMAPの再始動を働きかけており、いよいよ5人が集結する機運が高まっているというのだ。

「SMAPが再結成できないのは、木村さんが旧ジャニーズ事務所の傘下にいたから。木村さんが独立すれば、再結成へのハードルは一気に下がるのはいうまでもないでしょう。また、SMAP解散の裏には、新しい地図の3人と行動をともにしている、SMAPの元マネジャーである飯島三智氏と旧ジャニーズ事務所創業家との確執があったわけですが、性加害騒動の結果、創業家が表舞台から去ったことで、飯島氏が自由に動けるようになったことも大きい。さらに、スタート社としても“旧ジャニーズとは違う”ということをアピールしたい狙いがあり、そのためには木村さんの独立やSMAP再結成の容認という展開は、かなり効果的でメリットのある話と言えるでしょう」(ベテラン芸能記者)

 2016年で解散したSMAP。もともとはメンバー5人が飯島氏とともにジャニーズ事務所を離れる予定だった。話し合いのなかで、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は早い段階で退所を決断したものの、木村はジャニーズ事務所残留を選択。流動的だった中居正広は、いったんジャニーズ事務所に残り、2020年3月に独立している。

「飯島氏にとって木村さんは、いわば裏切り者。SMAPの再結成には、飯島氏が木村さんを許さなくてはいけませんが、これまでの経緯を考えると、飯島氏が突っぱねるという可能性も否定できない状況ではあります。ただ、昨年には木村さんと草なぎさんが会っていたと報じられており、新しい地図陣営と木村さんとの間の溝も徐々に埋まりつつあるのも事実。5人が集まることを何年も待ち続けているファンのために、再結成の道筋も十分にあるでしょう」(同)

 しかし懸念材料となりそうなのが、いまなお5人を応援し続けるSMAPのファンと、旧ジャニーズ事務所のタレントを応援するファンとの間の対立だ。

「SMAPは旧ジャニーズ事務所創業家のせいで分裂したと考え、旧ジャニーズ事務所に対して敵意を持っているファンは少なくない。それに対して、旧ジャニーズ事務所のタレントを応援するファンも、SMAPに対して厳しい目を向けることも多い」(芸能事務所関係者)

 ネット上でも両者の対立がしばしば見受けられる。たとえば、「FRIDAY」2024年2月16日号(講談社)に掲載された『「唯一の死角はメンバーの多さ」…『Snow Man』は“令和のSMAP”になれるか』という記事。旧ジャニーズ事務所内での目下人気No.1グループであるSnow Manのメンバーたちの幅広い分野での活躍を全盛期のSMAPになぞらえて分析する内容のものだ。

 この記事がYahoo!ニュースに掲載されると、コメント欄には〈令和のSMAPってSnow Manに失礼〉、〈Snow Manは別でいてほしい! SMAPなんか飯島を通してじゃないと意思疎通出来なかったんだから〉など、Snow Manのファンらしいネットユーザーたちが、SMAPと比較されることに拒否感を示す意見を寄せている。

 一方で、SMAPファンと思われるネットユーザーからは、〈令和のSMAP? それは、無理でしょ?〉〈令和のSMAPだなんて身の程知らずもいいとこですよ。少しはわきまえなさい〉と、Snow Manに対する厳しいコメントが投稿されていた。

「SMAPのファンも旧ジャニーズのグループのファンも、多くの人がマナーを守ってネット上に意見を投稿していますが、時に攻撃的な意見が出る。特に、SMAPと旧ジャニーズのグループが比較されたときは過剰反応になりやすい。もしSMAPが再始動したら、後輩の旧ジャニーズグループと共演することもあるかもしれないし、いろいろ比較されてしまうこともあるでしょう。そのたびにネット上で一部の過激派ファンが騒ぎ立てたら、せっかくの再結成の祝福ムードがぶち壊しになる。タレントにとってファンはありがたい存在ですが、熱すぎるがゆえの不安は拭えません」(同)

 ファンを無駄に騒がせないためにも、SMAPが再結成する際は、さまざまな配慮が必要となりそうだ。

「SMAPをあまりにも神格化すると、旧ジャニーズグループのファンはよく思わない。かといって、SMAPを“過去のもの”のように扱うと、SMAPファンが黙っていない。このあたりのバランスは難しいでしょう。現実的な路線としては、ライブをなどで熱心なSMAPファンだけを喜ばせるという感じでしょうか。ただ、テレビ局にしてみれば、SMAPの再始動はかなりおいしいコンテンツ。絶対に逃したくはないし、大々的にお祭りにしようとするはず。いずれにしろ、簡単な再始動ではなさそうです」(同)

 木村拓哉が独立したからといって、スムーズにことが運ぶわけではないSMAPの再始動。こじれにこじれた解散時のように、再結成でもひと悶着ありそうだ。

田井じゅん(エンタメウォッチャー)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

たいじゅん

最終更新:2024/02/24 10:35
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed