タブーの記事一覧 (7件)

そこには、“夢”があった――【ANARCHY】が誕生した京都・向島団地の真実<前編>

今や京都を代表するアーティストとして名を馳せるようになったラッパー、ANARCHY。そんな彼は京都府伏見区の南に位置する集合団地〈向島ニュータウン〉出身としてデビューを飾った。
続きを読む
月刊「サイゾー」3月号発売!

ニッポンのタブー2015

【第一特集】【新垣隆】音楽家としての"私の矜持"/【関暁夫】「宇宙時代が来る」/【ダンプ松本】が涙した女子プロへの想い/芸能人【不祥事】許容ライン考察/【ネトウヨ芸能人】の危ない...
続きを読む
さらに過激に。さらに濃密に。サイゾーの新しいワンテーマ・マガジン

別冊サイゾーvol.2「日本のタブー」好評発売中!

これまでさまざまなタブーに挑み、関係各所で話題と失笑を振りまいてきた「月刊サイゾー」。その中でも人気特集をさらに掘り下げ、1冊にまとめた新しいワンテーマ・シリーズ『別冊サイゾー』...
続きを読む
『私家版 差別語辞典』発売記念 上原善広氏インタビュー

「”差別用語”を使って何が悪い?」過剰な自主規制にモノ申す! 

被差別部落出身のジャーナリスト・上原善広氏 「穢多・非人」「めくら」「ビッコ」「浮浪者」「屠殺」――。これらはすべて、差別用語とされている言葉だ。こういった"不快な思いをする人が...
続きを読む
日本一キケンなブックレビュー

別冊サイゾーvol.1 タブー破りの本300冊 好評発売中!

月刊サイゾーの人気特集「タブー破りの本」シリーズが、新企画を盛り込みながら、一冊の本になりました!・大宅賞作家の上原善広・カンヌ映画祭グランプリ監督の河瀬直美・神聖かまってちゃん...
続きを読む

部落出身作家の受賞後第一作 日本のマイノリティを描いた『異形の日本人』

『異形の日本人』(新潮社) 昔、京都旅行をしていて、何の気なしに"その"地域に足を踏み入れたとき、異様な感覚に襲われた。造りは普通の団地であるが、薄暗く、壁面は古びて茶々けていて...
続きを読む
人種タブー、差別表現タブーの今を追う!

『ちびくろサンボ』を殺したのは抗議事件か、メディア自身か

05年刊行の瑞雲社版『ちびくろサンボ』 長い間マスメディアの中に存在してきた、差別的ともとれる表現をめぐるタブー。しかし、メディア側の過剰ともいえる自主規制の結果か、近年では大き...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

タブー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

今や京都を代表するアーティストとして名を馳せるようになったラッパー、ANARCHY。そん...
写真