日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 女性同士のLOVEを描いた、男子禁制の“百合ブーム”がやってくる!?

女性同士のLOVEを描いた、男子禁制の“百合ブーム”がやってくる!?

20080229_yurihime.jpg「コミック百合姫」vol.11(一迅社)

 百合がアツイ。当たり前だが植物のほうではなく、女性同士の恋愛を題材にしたジャンル「百合」のことだ。昨年まで増刊発行されていた、日本唯一の百合専門マンガ誌「コミック百合姫」(一迅社)が、雑誌コードを取得して独立創刊するなど、ジワジワ盛り上がっている。

 なぜ今、百合が注目されつつあるのか……そんな疑問を解消するべく、同誌編集部にお邪魔してみた。まずはおめでとうございます。売れてるんですね?

「いえ、前任誌の『百合姉妹』(マガジン・マガジン発行、現在は休刊)と比べても、売り上げは特に伸びていません。ただ、創刊から3年がたって、ようやく“百合”の存在が定着してきたのか、売れ行きも安定してきたんです。ビジネスとして採算ベースにも乗ったので、独立創刊しました」(コミック百合姫編集部・中村成太郎さん)

 エッ、でも百合コーナーを設けている書店とか増えてますよ? もしかしたら“百合ブーム”が到来するかも!

「女学園高等部を舞台にした『マリア様がみてる』のようなヒット作が出るか否か、でしょうね。あれは男性ファンも多いことで有名ですが、実はウチの読者層も3割は男性。女性がBLにハマる理由は、『男性同士だと“対等な恋愛”ができるから』と言われていますが、むしろ女性が強い現代では、自分の男性性に疑問を感じる男性も少なくない。そんな時に百合の世界を覗くと、女性同士の対等な恋愛に癒やされるのかもしれませんね」(同)

 男であることに自信が持てないそこのキミ! 男子禁制の百合ワールドに踏み込んでみる!?
(アボンヌ安田)

※自分に合ったマンガ誌を選択!
一迅社では、3つの百合専門マンガ誌を、それぞれ年4回発売中。女性同士の淡いラブストーリーが中心となった「コミック百合姫」(880円)、萌え度高めで男性向けの「百合姫S」(880円)、そして、エロ度高め(濡れ場アリ! キャー)の「百合姫Wildrose」(890円)と、すみ分けがなされている。

※中村成太郎が立ち上げ
「百合姫」の前身「百合姉妹」を立ち上げたのも、実はマガジン・マガジン時代の中村氏。幼い頃、アニメ『美少女戦士セーラームーン』を観て、「なぜこの女の子たちはこんなに仲良しなんだろう」と不思議に思ったことが、百合ファンになる原体験とか。

コミック百合姫
05年7月、「コミックZERO-SUM」(一迅社)の増刊として創刊。公称発行部数7万5000部。読者層は7割が女性で、10代半ば~後半と30代前半~半ばが中心。BLのようにキャラの“受け・攻め”が描かれているものは少ない。ちなみに男性の百合ファンは、百合に崇高なイメージを持っている人が多く、百合のエロ描写を極端に嫌うんだって。

【関連記事】 腐女子の“品格”を持って、ネガティブイメージを吹き飛ばせ!!
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 ピンク映画にも高齢化の波? “老人の性”を描いた『たそがれ』

最終更新:2014/03/03 15:56
こんな記事も読まれています
関連キーワード

女性同士のLOVEを描いた、男子禁制の“百合ブーム”がやってくる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真