日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 緊急速報!「意外にエロい」中国アダルトエキスポに大潜入!

緊急速報!「意外にエロい」中国アダルトエキスポに大潜入!

chinacos.jpgコスプレ小姐、大胆です。

 中国といえば、日本のマスコミでは北京オリンピックの話題でもちきりだが、こちらは、“性の祭典”ともいえる「チャイナ・アダルトケア・エキスポ2008」が上海市内で三日間開催されている。日本の読者に現地からお伝えしよう。(コスプレギャラリーはこちらから

chinacos4.jpg観衆の間では怒号が飛び交っていた

 会場は上海の中心街から少し外れた日本総領事館近くにある国際展示場だ。19日から21日までの3日間に渡って同エキスポは開催されている。

 会場に入ってすぐ目を引いたのは日本からの出展社ブース。国内最大手と自負する株式会社日暮里ギフトの特設ステージ前は、黒山の人だかりができている。見ると、あの村西監督がセクシー美女軍団と撮影会を行なっているではないか。

 ステージで美女の一人がダンスをしながら、コスチュームを脱ぎ始めると、ほとんどの来場者が我先にと詰めかけ、怒号が飛び交う。ヌードはないものの、下着姿の女性を見ようと激しいバトルがギャラリーたちの間では展開される。そして、そこに女性がいるものなら、お尻を触りまくるなど、どさくさに紛れてやりたい放題である。

chinacos8.jpg警備員も大興奮である

 会場内では、ほかにもセクシーな下着を纏った美女モデルたちによるファッションショーも開催され、こちらも大盛況。コスプレとして意味不明な格好もちらほら。モデルの表情は乏しく、ポージングも憮然としていて、やる気というか、演出意図が伝わらない。可愛い子もいるにはいるのだが……。ただし、中国的に公の場で半ケツが見えるような下着ショーはすごいインパクトなのだろうか、観衆の熱狂はすさまじい。開始前からプレスバッジをつけたわれわれ取材者に混じり、一般の人たちも好位置を確保しようと、ちょっとでも隙き間があればそこに割り込んでくる始末。

 地元在住のKさんに聞くと、「このエキスポは、一般の人たちにしてみたら、かなりの娯楽」とのこと。たしかに、会場内の警備員たちも警備そっちのけで、自ら前列でショーを観劇している(おい、おい)。

chinacos5.jpg超ミニスカのうさ耳娘

chinacos6.jpgアダルトグッズ最大手「日暮里ギフト」のブース

chinacos7.jpgこのコスプレは“TATOO”……?

chinacos9.jpg会場が騒然となったTバック露出!

chinacos10.jpg意味不明でもかわいいので許す。

つづきはこちらから/写真・文=小林弘人)

森下悠里×松金洋子 DVDをあなたがプロデュース ねぇ、なに着てほしい?~コスプレ編~

コスプレはロマン。

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 五輪のためなら地震も利用!? 中国政府のメディア統制術(前編)
【関連記事】 オタク・ミーツ・英会話!? 世界初“コスプレ”英会話スクール
【関連記事】 セクシー猫耳娘に萌えメイド コスプレ美女軍団のパチンコが登場

最終更新:2014/03/03 15:55

緊急速報!「意外にエロい」中国アダルトエキスポに大潜入!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真