日刊サイゾー トップ > 芸能  > 年間100億円以上! アニメが支える東宝の“独走”状態

年間100億円以上! アニメが支える東宝の“独走”状態

pocket_mons.jpg (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2008 ピカチュウプロジェクト

 『崖の上のポニョ』が1人旅を続ける夏休みの国内ボックスオフィスだが、2日~3日の週の上位5傑を見てみると、東宝配給作品がそのうち4本を占めている。また、東宝作品以外の1本は『カンフー・パンダ』なので、上位5傑のうち4本はアニメ作品ということになる。


1『崖の上のポニョ』(東宝)
2『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空<そら>の花束 シェイミ』(東宝)
3『劇場版NARUTO疾風伝/絆』(東宝)
4『カンフー・パンダ』(アスミック・エース、角川エンタテインメント)
5『花より男子ファイナル』(東宝)
全国週末興行成績 8月2日~8月3日/興行通信社調べ

naruto.jpg(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C) 劇場版NARUTO製作委員会 2008

 さて、この週の3位には『劇場版NARUTO』がランクインした。04年の劇場映画1作目『大活劇! 雪姫忍法帖だってばよ!!』が興収13.7億円を挙げたのを皮切りに、シリーズ化されて今年で5作目となっている。固定ファンがついており、新作を出せば必ず一定以上は稼げる、手堅いアニメ作品だ。

 ここで、東宝のアニメ映画についてまとめてみよう。東宝には、毎年決まった時期に新作が公開されるアニメ映画が5本ある。春休みの『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、ゴールデンウィークの『名探偵コナン』、そして夏休みの『ポケモン』『NARUTO』である。いずれも少年漫画誌で連載、その後TVアニメ化を経て映画化というプロセスを踏んでいるので、タイトルは浸透済。固定ファンも多いためリスクの少ない安定した興行が保証されている。参考までに、今年を含むここ3年の東宝アニメ映画の興行収入をまとめてみた。

春休み『ドラえもん』 33億円・35.4億円・32.8億円
春休み『クレしん』 14億円・15.5億円・13.8億円
GW『コナン』 24億円・25.3億円・30.3億円
夏休み『ポケモン』 上映中・50億円・34.0億円
夏休み『NARUTO』 上映中・12億円・7億円
計 71億円(3本)・138.2億円・117.9億円
(いずれも左から順に08年・07年・06年)

 なんとこの5作品で、年間100億円以上を軽々と稼いでいるのである。ちなみに、07年の東宝の年間興収は595.1億円、松竹が156.7億円、東映が85.2億円。つまりこれらアニメ5作品は、年間で東宝の全作品の興収のうち23%を稼ぎだし、松竹の全作品の興収の88%に匹敵し、東映の全作品の興収よりも30億円以上多い。映画会社の『屋台骨を支える作品』という意味で『テントポール作品』という言葉があるが、まさにこの5本のアニメは東宝のテントポール作品と考えて間違いない。それぞれのポールの長さはそれほど長くはないが、まとめて100億円以上なら特大のポールである。しかもこのポールは、毎年そこに立ち続けているのだ。

 ファミリー向けのアニメ作品と侮る事なかれ、日本の映画興行は、こうしたアニメが足下を支えている。そして、それを毎年コンスタントに配給し続ける東宝が、映画市場の覇権を握っているのには何の不思議もないということだ。
(eiga.com編集長・駒井尚文)

作品の詳細は以下より。
『崖の上のポニョ』
『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール/ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ』
『劇場版NARUTO ナルト 疾風伝/絆』
『カンフー・パンダ』
『花より男子ファイナル』

マインド・ゲーム

日刊サイゾー的オススメアニメ映画はこれ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 宮崎『ポニョ』・押井『スカイ・クロラ』巨匠アニメが続々ベネチアへ
【関連記事】 『ダークナイト』筆頭に“記録的”アメコミ映画が続々上陸!
【関連記事】 日本公開は奇跡!? 井口昇のモンダイ映画がついに解禁!

最終更新:2008/08/11 20:01
こんな記事も読まれています

年間100億円以上! アニメが支える東宝の“独走”状態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

 港区女子の生態について明かしてくれたひとみん(@htm_192)。多種多様な人物た...
写真