日刊サイゾー トップ > 芸能  > 五輪柔道惨敗は「恐怖の本命キラー」東原亜希の“呪い”!?

五輪柔道惨敗は「恐怖の本命キラー」東原亜希の“呪い”!?

higashiharablog.jpg東原亜希オフィシャルブログ 『ひがしはらですが?』

 主将の鈴木桂治が一回戦で敗退し、史上最低のメダル獲得数となった北京五輪柔道男子。シドニー五輪金メダリスト・井上康生は、出演するテレビ番組で「しっかりと世界の流れを見ないといけない」と、柔道競技そのものの変化に対応しきれない日本選手団に苦言を呈したが、この惨敗の原因は当の井上夫人・東原亜希にあるのではないかという噂が流れている。


 現在、東原は夫である井上といっしょに北京入りしており、現地でオリンピックを観戦している。ところが、東原が過去に会ったり応援したりした柔道選手はみな敗退しているという。そればかりか、星野ジャパンが初戦を落としたのも、女子マラソンの野口みずき選手が欠場したのも、すべては東原の“呪い”によるものだ、と恐れられているのだ。

 というのも、東原はかつて競馬番組を担当していた際、本命予想として取り上げた馬がことごとく負けたため、「本命キラー」というあだ名がついていたのである。その“呪い”の精度は、リーディングジョッキー武豊でさえ「(東原には)自分の馬に本命を打たないでほしい」と訴えたほど。さらに、井上と付き合い始めると、井上はアテネオリンピックでメダル獲得ならず、結婚すると、今度は五輪出場さえ叶わず予選敗退、そして引退……と、「東原=さげまん」伝説はもはや定番となっており、ネット上では「東原、日本のために早く帰ってこい」と、帰国を求める声まで上がっている。東原本人は、「さげまんとか言われ慣れた」と過去に発言しているが……。

日本人 効く厄よけ

読んどく?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “負けても代表”谷亮子は柔道界のアンタッチャブル!
【関連記事】 ママになった谷亮子は、想像以上に美しくなっていた!?
【関連記事】 武豊、大不振の裏にあるエージェントの正体とは?

最終更新:2008/08/18 10:17
こんな記事も読まれています

五輪柔道惨敗は「恐怖の本命キラー」東原亜希の“呪い”!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真