日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「なぜ椿鬼奴がブレイクしているのか」現役放送作家が語る秘密とは?

「なぜ椿鬼奴がブレイクしているのか」現役放送作家が語る秘密とは?

yakko.jpg『キュートンDVD』よしもとアールアンドシー

 ついに彼女の時代がやってきた! と思っている人も、一部にいるかもしれない。

 椿鬼奴。37歳。酒やけハスキーボイスとパッサパサソバージュがトレードマーク(?)の女ピン芸人。NSC東京の4期生と、芸歴もそれなりに長いが、これまではリニューアル前の旧『Goro’s Bar』(TBS)の準レギュラーなどでちょこちょこ見かける程度だった。それが昨年中盤からゴールデンの番組などにガンガン出演するようになり、現在さまざまな人気番組や特番で引っ張りだこ状態、すっかり”旬”の芸人である。

 この、遅れてきた椿鬼奴ブレイクについて、ある芸能関係者に聞いたところ、

「確かにこれまでは、一部にコアな人気をもつ芸人という存在でした。それが昨年、コア寄りながらも注目度の高い『あらびき団』(TBS系)にパフォーマンス集団・キュートンとして出演したところ、ライブチケットが瞬時にソールドアウトするなど、大反響になった。その後、『ガキの使い』(日本テレ系)のハイテンション・ベストテンで堂々2位にランクイン、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でも、ロンブー淳にその天然ぶりを印象づけてもらっていましたし。そして決定打になったのが、『アメトーーク』の『椿鬼奴クラブ』でしょうね。この2番組どちらも手がける加地プロデューサーがイチオシしているらしいですし」(同関係者)

 鬼奴の芸といえば、「セクシー、その1」といったフリから始まる漫談をはじめ、桃井かおりや上沼恵美子のモノマネ、ウクレレを弾きながらボン・ジョヴィやエアロスミスの曲を酒やけ声で歌うもの、MAXの曲を一人で踊る「鬼MAX」などいろいろあるが、鬼奴の魅力について、クイズやバラエティー番組の構成を手がけるある作家はこう言う。

「とくにひな壇の番組がそうなんですが、そこに座っている顔ぶれがだんだん達者になってくるなかで、あのキャラクターが新鮮だということがありますね。一緒に並んでいる横の列も楽しめちゃうというのか」

 同世代で遅咲きブレイクした女芸人といえば、いとうあさこもいるが、

「今活躍している若手よりも年は上だったりする、そういう面白さも加わっていますよね」

 森三中、オアシズ、友近、ハリセンボン、柳原可奈子などなど、現在はバラエティーで活躍しまくる女芸人が増え、所属事務所の枠を超えた集団芸も見られたり「女芸人会」という飲み会もメジャーな存在になったりと、慣れ合いにならない程度の仲のよさも感じられる。前出の作家は言う。

「女芸人の仲のよさについては、やはり芸人の絶対数が少ないということは大きいです。男の場合だと、たとえばルミネに出ている吉本芸人だけでそのまま飲みに行けたりしますが、女芸人はなかなか難しい。広がりは少ないかもしれませんが、女芸人会として集まって、飲みながら面白いことを考え合ったり、いい関係ですよね」

 さて、現在引っ張りだこの椿鬼奴、今後ますますの活躍が期待されるが、

「今はまだ、各番組のいわゆる”1巡目”の段階ですからね。ここで結果が残せないと、単なる”旬”として消耗させられてしまいます。鬼奴さんの場合、キャラはとても面白いのですが、たとえばグルメレポートとか、一人でやるロケは全く不向きですよね。ネタとひな壇以外に一人で出来る何かを残したいですね。女芸人はいじられることもとても多いですから、近藤春菜みたいないい返し方ができる人や、友近や柳原みたいにツッコミじゃなくても自分のキャラクターの面白さを把握して出せる人というのほうが、いじりがより面白くなって、残っていく人なんですよね」(同作家)

 本人的には、ますます売れることよりも、忙しすぎて大好きなパチンコに行く時間がなくなっちゃうことを何よりも淋しがっていそうではあるが、売れるにつれキレイな見た目を目指したりせず(あまりなさそうですが)、天然のままがんばってください、奴さん。
(文=太田サトル/「サイゾー裏チャンネル」より)

キュートンDVD

謎の前衛集団

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 過激派バラエティー回帰の象徴か 『みなさん』で猛威振るう「アカマタ」って?
【関連記事】 「お笑いやればいいのに!?」浅草を疾走する”世界一面白い人力車夫”を直撃!
【関連記事】 深夜の気になる”お色気”経済番組『ビジネス・クリック』に大注目!

最終更新:2018/12/10 19:19

「なぜ椿鬼奴がブレイクしているのか」現役放送作家が語る秘密とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真