日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 芥川賞授賞・本谷有希子がかく語りき
祝「劇団、本谷有希子」創立10周年

「まだやることが腐るほどある」本谷有希子が語るこれまでとこれから

motoyayukiko01.jpg演劇界で最も注目される若手劇作家のひとり、本谷有希子氏。

 2000年の旗揚げ以来、人間の嫌な部分を徹底的に見せつけるかのようなストーリーが話題を呼び、客席数わずか100人にも満たない小劇場から、PARCO劇場や本多劇場を満員にするまでの人気劇団に駆け上った劇団、本谷有希子。その主宰である本谷は、演劇のみならず小説やエッセイも評価され、『あの子の考えることは変』(講談社)では芥川賞候補にも名を連ねた。故郷である石川県から上京し、劇団を旗揚げしてからのこの10年とは、彼女にとって一体どんな時間だったんだろうか?

“まだ子どもの遊び”本谷有希子と劇団

――2000年の9月に劇団を旗揚げをした時、ここまで大きくなると思っていましたか?

本谷有希子氏(以下、本谷) 思ってないですね。6回目くらいまでは本当に何百人という規模のお客さん相手にしていたんで。こっちはビジネスとしてやる気満々だったけど、ぜんぜんビジネスじゃないじゃないか、という感じでした。そのうち賞をもらったり小説を書き出したり、タイミングよくいろんなことが徐々に上手く行き始めた感じですね。

――今や動員数としても立派な大劇団になりましたが。

本谷 よく頑張ったなと思いますけど、野田(秀樹)さんが昔、9万人動員したっていう話を聞いて、絶望したんですよ(笑)。まだ私何も成してないじゃないかって荒れました。(劇団☆)新感線も10万人くらい動員しているし。うちのはまあ、ぜんぜんまだ子どもの遊びみたいなもんです。

――けれども、10年前を考えるとやっぱりすごい動員数ですね。

本谷 だから「芸能人を使っているからお客さんが入るんでしょ」と言われてるのが嫌で、キャスティングには気を使っていますね。ちゃんと本谷の芝居を見たいから来ていると思ってもらえるようなキャスト。だから、そんなに嫌らしいキャスティングはしてないはずです。商売にしたいか作品を作りたいかというと……劇作家としてはやっぱり「作品」を作りたいので。あっ、でも劇団主宰としては「商品」だな(笑)。

123

「まだやることが腐るほどある」本谷有希子が語るこれまでとこれからのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真