日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「亀田史郎は世界一の名トレーナー」ボクシング界に飛び交う怪文書にJBCの対応は?

「亀田史郎は世界一の名トレーナー」ボクシング界に飛び交う怪文書にJBCの対応は?

jbc.jpgJCB公式サイトより

 亀田史郎氏の暴言騒動の舞台裏で、不可解な怪文書が飛び交っている。複数のボクシングジムなどに送りつけられているその文章の内容は、史郎氏から「クビをとってやる」などと恫喝されたJBC(日本ボクシングコミッション)の安河内剛事務局長を執拗に糾弾するもの。

 安河内氏が亀田に不利な言動を繰り返していることが、「日本のボクシング界が低迷している原因である」とし、亀田兄弟を育てた史郎氏を「世界一の名トレーナー」などと絶賛している。問題は、そうした文章の作者が、一部で政財界や裏社会にも顔が効く”フィクサー”のX氏で、ボクシング界の一部からも「安河内剛事務局長はX氏に頭が上がらない」という声が聞こえてくることだ。

 史郎氏の暴言騒動は、WBC世界フライ級タイトルマッチで亀田興毅がポンサクレックに判定で敗れ、王座を明け渡した27日の試合直後に起こったが、X氏の名前が記された問題の文章は、筆者が把握しているだけで、試合の直前に2回、試合後に2回の計4回流されている。

 試合前のうち、21日付の1通は、今のボクシング界が数人の「ボス猿」に牛耳られており、その「腰巾着」だと指摘された安河内事務局長が、業界で注目されているファイトマネーの未払い紛争について、公明正大な対応をしていないなどと批判している。

 ちなみに、文章に「ボス猿」の実名やファイトマネー問題の当事者名は記されていない。だが、「読めば、チンピラボスとも書かれた1人が、亀田ジムとファイトマネーの支払い訴訟を続けている協栄の金平桂一郎会長であることは、すぐに分かる」(中堅ジム会長)という内容となっている。

 25日付の2通目では、一部ボス猿が業界を動かすことで、テレビのボクシング離れが起こり、ボクシング人気が低迷していると解説。そうした状況を放置するJBCの責任を問い、安河内をクビにして正常化せよと訴えている。

 一方、試合後の2通は、安河内事務局長に加えて、亀田の名前が実名となっている。

 28日付の1通では、まずは試合前の史郎氏が、JBCにライセンス停止処分の解除を要請し、東日本ボクシング協会も解除の要望書をJBCに提出したのに、安河内氏が「頑としてライセンスの発行を拒んでいる」と糾弾している。

 さらに、興毅が判定負けした原因について、「タイ陣営が裏工作を働いたからだと断定すべきである」と決め付けたうえで、安河内事務局長が、それを「黙認していた」などを責めている。

 また、30日付の文章には、こう書かれている。

「亀田史郎氏が試合の判定に抗議をして、JBCの安河内事務局長を叱り付けたことは、単に判定に対する不満があっただけではなく、これまで亀田三兄弟への悪質なイジメや嫌がらせが執拗に繰り返されてきたことに対して我慢の限界に達していた時に、今回の不正判定が明らかになったために、『安河内だけは許せない』という怒りになって爆発したのではないだろうか」

 そして、最後は史郎氏を絶賛したうえで、「亀田三兄弟こそ低迷するボクシング界再建の旗手であることを関係者は銘記すべきである」と締めているのだった。

 こうした内容について、あるボクシング関係者が、こう語る。

「X氏はかねてから亀田家との関係があって、今回の主張は、史郎氏が周囲に漏らしている不満とも、かなり重なっていますね」

 ちなみに、27日の試合に関しては、「どう見ても興毅が負けていた」(中堅ジム会長)などと大半のプロが語るだけでなく、普通のファンでさえ「興毅は手も足も出なかった感じに見えた」というように、かつてのランダエタvs亀田興毅戦のように採点の不正を指摘する声は皆無に近い。

 そうなると、単なる個人の御意見として、JBCや業界関係者も聞き流せばいいようにも思えるのだが、今回、筆者のところには、気になる話も伝わってくる。

 たとえば、ある中堅ジムの会長は、「安河内事務局長は、X氏に頭が上がらないという話を聞いたけども、本当なんでしょうかね」とつぶやき、別のジム会長は「あの文章が出てから、誰とは言えないが、あまり関わりたくない連中から問い合わせの電話があったりしたんで驚きました」と苦笑する。

 また、業界の内部事情に詳しい関係者は、こう打ち明ける。

「X氏は、JBCがお世話になっている東京ドームやその関連会社などに抗議の電話もかけている。そのため安河内事務局長は、そうした関係先から『こちらに面倒な話を持ち込まないでくれ』といったプレッシャーも受けているはずです」

 史郎氏の暴言問題に関しては、現在、亀田ジムが所属する東日本ボクシング協会が、6日に緊急理事会を開いて、五十嵐紀行会長らの事情聴取を行い、12日の定例理事会での議論を経て処分を発表する予定だ。

 JBCは、その後に倫理委員会を開いて、史郎氏のライセンスの問題などに、何らかの決断を下すと見られていたが、それがなぜか急遽、7日に倫理委員会を開くという。

 大手ジムの会長は、「協会もJBCも、それなりに厳しい処分をすることになりそう」というのだが、怪文書などによる抗議活動は、JBCの判断になんらかの影響を与えることがあるのだろうか……。

 この怪文書を目にした業界関係者の多くが、JBCの対応に注目している。

怪文書の恐怖

小学生、みたいだね。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 「ファンは1,000人もいない!?」明らかになった亀田三兄弟の深刻な不人気ぶり
 「クビとったるぞ!」JBC事務局長を恫喝した亀田父・史郎氏に協会が処分検討
 亀田史郎ライセンス再発行、セコンド復帰へ協会が後押しする裏事情

最終更新:2010/04/03 13:23
こんな記事も読まれています

「亀田史郎は世界一の名トレーナー」ボクシング界に飛び交う怪文書にJBCの対応は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真