日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「AV撮影に間違えられたことも……」エヴァ芸人・稲垣早希がハードに挑む”ブログ旅”
DVD『桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅』発売記念インタビュー

「AV撮影に間違えられたことも……」エヴァ芸人・稲垣早希がハードに挑む”ブログ旅”

inagakisaki_sakura.jpg

 MBS毎日放送で放送されている『ロケみつ~ロケ×ロケ×ロケ~』(以下、ロケみつ)の人気企画「ブログ旅」をご存知だろうか。エヴァ芸人として人気の桜・稲垣早希が、ブログに寄せられたコメント数に準じて資金が与えられ、番組の提示する各地の名所で写真を撮影しながら旅を続けるコーナーだ。現在放送中の、”第三章”西日本横断編を収録したDVD『桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅』(よしもとアール・アンド・シー)の最新巻7巻と8巻が発売となった。過酷な旅を続けて、ちょっとたくましくなった早希ちゃんに話を聞いた。

――「ブログ旅」の西日本横断編、相当ハードですよね。

稲垣早希(以下、稲垣) はい。特に『ロケみつ』の放送圏外は大変です……。受け入れられる時とそうでない時のギャップが激しくて、放送してる地域から圏外に出たくないですもん。駅に着いた瞬間、「ここは圏外や」って分かるんです。誰もが見て見ぬフリするので。コスプレしてるし、「家に泊めてください」って頼んでるし、小さいカメラ回してるしで、AVの撮影に間違えられたこともあります(笑)。駅でおじさんに「こんなところでいかがわしいことやって。撮るな!」って、言われたこともあって。いかがわしい中でもマニアックなジャンルだと思われたんでしょうね。

――その境遇で、宿探しするわけですもんね。

稲垣 宿探しは慣れないですねえ。テレビと言えども、断られ続けると普通に傷つきますね。幸せそうな親子連れの家族をふと見かけて、孤独感でいっぱいになったりして。最初、ロケから帰ると頭がぼーっとなって、「家族って大事やな」と思ったりしてました。あ、そうやって気づかせてくれた意味ではいい仕事かもしれないです。

――逆に稲垣さんを探しに来るファンもいるんじゃないですか?

稲垣 ……います。だからブログの写真はどこにいるのか分からない撮り方をしてるんですよ。でも、Twitterができてから情報網がすごくなっちゃって。一度「稲垣早希、どこそこを通過中。捕獲しろ」みたいなツイートがあったんですよ。それ見て「やめてー!」って。

――いろいろなことがあってタフになりました?

稲垣 なりましたねえ。落ち込んだ時、「時間のムダだから次行こう」とか、気持ちを切り替えるコツが分かってきました。あと最初は、ディレクターはテレビ局の人だと思って遠慮していたんですけど、今はケンカばかりしてます。めっちゃ意地悪なんですよー! 私が落ち込んでるとニヤニヤするし、ほかのADさんが私に同情すると怒るんです。真のテレビマンというか、きっと私が追い込まれた方が視聴率がいいと思ってるんでしょうね。でも私は視聴率とか関係ないと思ってるんで! 私、この番組を『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送)みたいな感じのグルメ番組にしたいんですよ。せっかくいろんな土地を訪れて、いいところに回れないのはもったいないじゃないですか?

――その通りですけど、それだと視聴者は感情移入しづらいかもしれません(笑)。

稲垣 ただ私、基本おたくでインドアなんで、プライベートで行かなかったであろう場所ばかり行かしてもらってるんだな、と考えたら楽しくはなりました。だからロケは旅というより……なんて言うのかな。苦行? 人生の修行? 芸能界って荒波ばかりだから、必要な図太さを習得できたらめっちゃいいなと思います。

――ところで稲垣さんといえばアスカですけど、綾波も完成度高いですよね。

稲垣 ありがとうございます! モノマネはアスカとシンジと綾波ができて、実はシンジと綾波の方がうまいんです。単独ライブではシンジ漫談もやっていて全然アスカより似てるし、アスカはどんどん地声に近くなっちゃって「似てない」ってファンに怒られるし……。でもシンジは、コスプレすると地味ですからねえ。

――あと僕の中では、稲垣さんはアスカ以上に「絵」の印象が強いんです。以前、ある番組で妖怪の絵を発表していたのを見かけて。

稲垣 ああ、あれは趣味で、オリジナル妖怪をノートに描いてるんですよ。絵を描くのが好きなんですけど、何描いても妖怪っぽくなっちゃって。だから絵ができあがってから、どんな妖怪か、後付けで考えるんです。

――その妖怪が「嫌われたナスビとミョウガの妖怪」とか「キンタマの付いてるイチゴの妖怪」とか、あまりにブッ飛んでいて、「この人、大丈夫なのかな」と思いました(笑)。

稲垣 私が小さいころ、心配したお母さんが病院に連れていったらしいんです。家庭環境に問題ある子って、ヘンな絵描いたりするじゃないですか。私からしたら明るい絵のはずなんですけどねえ。

――今後、まとめて発表しないんですか?

稲垣 何か出してみたいな~とは思ってました。そしたら天津の向(清太朗)さんがコミケに出店する抽選に当たったらしいんで、今年のコミケで向さんと本を出す……かもしれません。絵は誰かに描いてもらうみたいです。で、自分はうまくないネームで4コマの原作を担当して(笑)。どうなるかはまだ分からないですけど、売って売って売れまくるといいなと。この夏の楽しみですね!
(文=鈴木工)

●いながき・さき
1983年、兵庫県生まれ。よしもとクリエイティブエージェンシー大阪本社所属。お笑いコンビ桜として活動を開始後、相方の引退を経て、ピン芸人として活動中。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクター・惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版では式波・アスカ・ラングレー)のコスプレをしたエヴァものまねを得意としている。8/7~8/13に行われる「YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO」にも出演。京橋花月にも出演中。

「桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅」
<http://www.mbs.jp/888/blogtabi/>

桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅

波乱万丈。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 19:50

「AV撮影に間違えられたことも……」エヴァ芸人・稲垣早希がハードに挑む”ブログ旅”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

フジモン、離婚でパワーアップ?

 今回取り上げるのは、FUJIWARA藤本敏史...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真