日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > “超肉食系”チャン・グンソクが日本でハメ外し! 100人合コンを開催していた!?

“超肉食系”チャン・グンソクが日本でハメ外し! 100人合コンを開催していた!?

gunsoku1209.jpg『2011 JANG KEUN-SUK ASIA TOUR
THE CRI SHOW ドキュメンタリーREAL STORY』
(ポニーキャニオン)

 今年最も稼いだ韓流スターといえば、”グンちゃん”の愛称で親しまれるチャン・グンソクだろう。地元韓国での”格”はイマイチだが、日本で人気が爆発し、写真集を出せば大ヒット。先月下旬には初の東京ドーム公演を行い、約4万5,000人を集めた。芸能プロ関係者いわく「わずか数日で億単位の金を荒稼ぎしたことだろう」。

 一方で、グンソクが日本を訪れる理由は”金儲け”のためだけではない。

「彼は超肉食系で有名。今秋に来日した際には、都内で30人 vs 70人の合コンを開催したそうですよ」とは某コーディネーターの話。それも30が男性の数で、70が女性の数というから驚き。

「しかも70人全員が粒そろいで、参加する前には厳正な写真審査まであったそうです。彼や彼の側近のお眼鏡にかなわなければ、参加することもできないんだとか。審査を通過した女性? そりゃあもうモデル並みの美女ばかりですよ!」(事情通)

 男子諸君にとっては何ともうらやましい話だが、気になるのはその夜のグンソクの”その後”。

「美女2人と夜の街には消えていきましたが、そのあとはどうなったか分かりませんね」(同)

 韓国芸能界に詳しい人物は「本国ではマスコミの目もあり、派手に遊べないため、日本など海外でハメを外すタレントが急増中なんです。そのことは韓国マスコミも把握していて、わざわざ日本まで追いかける者もいます」と話す。

 いつ”爆弾スキャンダル”が飛び出すか分からない危なっかしさも、グンちゃん人気の一因なのかもしれない!?

2011 JANG KEUN-SUK ASIA TOUR THE CRI SHOW ドキュメンタリーREAL STORY

アフターケアもしっかりね!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 12:16
こんな記事も読まれています

“超肉食系”チャン・グンソクが日本でハメ外し! 100人合コンを開催していた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真