日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「筋が通らないことをしている」カリスマ同人作家・ZUNが同人ショップを痛烈批判!

「筋が通らないことをしている」カリスマ同人作家・ZUNが同人ショップを痛烈批判!

tohoblog.jpg上海アリス幻樂団公式サイトより

 ゲーム、音楽、小説、コミックなどさまざまな形態で展開され、若者を中心に絶大な人気を誇る「東方Project」。その原作者である、同人サークル・上海アリス幻樂団の代表・ZUN氏と、シリーズ初期から東方Projectと懇意にしてきた同人ショップ・ホワイトキャンバスの間で問題が発生。作品のファンや二次創作の作り手たちに波紋が広がっている。

 事件の発端は、2011年12月20日付でZUNのブログ「博麗幻想書譜」にアップされた「冬コミとか業務連絡とかガイドラインの再確認とか」と題するエントリー(http://kourindou.exblog.jp/17092211/)。そこでZUNが次のように発表した。

「コミックマーケット80で発表した東方神霊廟(引用者注:「東方Project」のゲームのタイトル)の委託が9月から開始されていますが、ホワイトキャンバスについては取り扱いを一時休止しました」

 理由としては、《委託販売している作品の売り上げが不払いなこと》と、《権利者であるZUNの監修を受けていない「東方Project」関連グッズを作成・販売したこと》の2点が挙げられている。

 後者について補足すると、ZUNは自作の版権許諾について、ファン活動としての二次創作にはガイドラインを守ることを求めるのみで、広く許諾している。その一方で、企業による商業展開については、ZUN本人が監修したものだけを許諾。「東方Project」が隆盛を極めているのは、作品の魅力もさることながら、こうした版権の柔軟な運用によるところも大きい。

「未払いがあるままで新作の委託を開始してしまうと黄昏さん(引用者注:ZUNが「東方Project」の委託販売手続きを委任しているサークル・黄昏フロンティアのこと)に迷惑になりますし、皆さんがルールを守っているのに筋の通らないことをしているなぁということから、これらの問題が解決するまでは上海アリス幻樂団の作品をホワイトキャンバスさんで取り扱っていただくのはやめることにしました。これまで長い間色々とお世話になっていたショップだったので、今回の件は非常に残念に思っています」

 という発言からも、金銭面での問題というより、「東方Project」という作品群を取り巻くコミュニティーを守るためのルール、仕組みを重要だと考えていることがうかがえる。

 こうしたZUNの発言に対し、ホワイトキャンバス側も応答。「ZUNこと太田順也氏(同氏は株式会社香霖堂の現代表取締役。)が運営管理する、同人サークル上海アリス幻樂団公式Blogにおける「ホワイトキャンバスさんでの上海アリス幻樂団作品の取り扱い一時休止について」と題するコメント(2011年12月20日 13時11分)に対する弊社の見解」(http://w-canvas.com/html/WhiteCanvasComment20111221.pdf)を公開した。そこに記された主張は、《売上を払っていないのは、ZUNから作品の同人ショップへの委託販売を任されているサークル・黄昏フロンティア(=有限会社SUNFISH)と裁判にて係争中のため。不払いの金額相当額の全額は供託されている。ただの不払いではない》《ZUNとホワイトキャンバスの間では平成19年6月23日付で「商品化等許諾契約」が締結されており、その後、新しい契約の締結に至っていないので、この契約はまだ有効である。商品化等許諾契約の及ぶ範囲については、ZUNとホワイトキャンバスの間で代理人弁護士を通じて協議を重ねている最中だ》という2点に要約できる。つまり「これは法律の問題である」と主張した、と考えていいだろう。

 日本の同人文化は、権利者のお目こぼしによって生じる、法的なグレーゾーンによって支えられてきた。先にも述べたとおり、「東方Project」は作者が明示的にグレーゾーンを目いっぱい広く設定することで盛り上がってきた作品だ。

 法律を前面に押し出したホワイトキャンバスの行動は、「東方Project」のグレーゾーンを狭めかねないものだ。裁判に勝っても負けても、二次創作の作り手を含め、作品を取り巻くファンたちのホワイトキャンバスに対する信用は損なわれるのではないか。ただでさえホワイトキャンバスは、2009年に不特定多数の委託サークルに対し、計算ミスで過払いした売り上げを返還するよう通達するという不可解な行動を起こし、評判を損ねてもいる。

 ホワイトキャンバスは12月29日~31日に開催される「コミックマーケット81」への企業参加が決まっている。裁判が進行中である以上、ホワイトキャンバスが自身の主張する商品化等許諾契約に則り、ZUN未監修の「東方Project」グッズを販売することは間違いないだろう。こうした行動が、「東方Project」のみならず、同人作家と一般企業の関係に対して、どのような影を落としていくのか。「東方Project」でなくとも、注視していただきたいところである。
(文=御船藤四郎)

コミックマーケット 81 カタログ

もうすぐ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 11:06

「筋が通らないことをしている」カリスマ同人作家・ZUNが同人ショップを痛烈批判!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

大阪が生んだ“遅咲きのヒーロー”上西雄大

 コロナ禍で低迷する映画界に、ひとりのヒーローが現われた。そのヒーローの名前は、上西...
写真