日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「タニマチは詐欺師だった!?」プロレスリング・ノアを激震させる巨額詐欺事件

「タニマチは詐欺師だった!?」プロレスリング・ノアを激震させる巨額詐欺事件

noasite.jpgノア公式サイトより

 プロレス中継がゴールデンタイムで高視聴率を獲得した黄金期も懐かしく、プロレス業界全体の大幅な集客減により「プロレス・冬の時代」と言われて久しいが、毎年恒例の老舗団体・新日本プロレスによる新春東京ドーム興行はお寒い限りだったという。

「主催者発表による動員数は昨年を1,000人上回る4万3,000人だったが、明らかに年々、実数と発表の差の開きが大きくなっている。メインのIWGPヘビー級選手権が王者・棚橋弘至vs挑戦者・鈴木みのるじゃあ、まったく集客に結びつかない」(ベテランプロレス記者)

 民間の信用調査会社によると、新日本の決算期である昨年1月に発表された売上高は11億6,800万円で、10年前の3分の1以下まで落ち込んでしまった。

 一方、売り上げをやや落としながらも新日本を猛追しているのが、2009年6月に試合中の事故により亡くなった三沢光晴さんが2000年に旗揚げしたプロレスリング・ノア。同調査会社によると昨年6月期の売り上げは8億円で、新日本に肉薄している。だが、そんな同団体を震撼させた詐欺事件を、発売中のムック本『別冊宝島 プロレス黒い霧 マット界の触れがたき「タブー」に迫る』(宝島社)が報じている。

 同誌によると、08年12月、日本テレビが同団体の地上波によるテレビ中継を09年3月で打ち切ることを発表し、経営危機がささやかれていた中、突如、救世主のように現れたタニマチが神奈川県の会社役員であった女性で、現在は詐欺事件で公判中のA被告。

 当時社長だった三沢さんや、当時統括本部長だった仲田龍氏はA被告に心酔。日テレの放送打ち切り発表と同時期に仲田氏が「会社を退団した選手の受け皿に」として設立し、ノアの選手たちですらその存在を知らなかった会社の役員に三沢さん、A被告の父親らと名を連ねていたという。

「A被告の夫はどうやら闇社会と関係が深いようで、その夫の関係で闇社会に顔の利く現在ノアの相談役の永源遙氏がA被告を連れてきたようだ。A被告は会社に数千万円をポンと融資したり、お気に入りの選手たちには気前よく小遣いをあげたり、とてつもない大金を投じ、神奈川県内の夫妻の地元にノアの選手とファンが交流できるカフェをオープン。09年6月に三沢さんが亡くなった後に同店で行った偲ぶ会では、イベント費用をすべて負担し、三沢さんの名を冠したステーキ店を出店する計画があったことなどを語っていた。見た目は飛び抜けた美人でもなく年相応だったが、とにかく金払いがよく、ノアの選手たちを虜にしてしまったようだ」(同)

 三沢さんの死後、ノア内部では仲田氏が実権を握り「単なるお飾り」(専門誌記者)という田上明が社長に、三沢さんの後継者として期待された丸藤正道と小橋建太が副社長となり、「一応、エースの小橋も副社長となったが、選手たちは事実上の仲田体制に猛反発し、屋台骨が揺らぎ始めた」(同)が、同誌によると、このころA被告はついに本性を現したという。

 A被告は当時、三沢さんの死から間もない同年8月、三沢さんの葬儀で初対面し、それまですっかり打ち解けていた三沢さんの夫人に「自分の口座が国税局に凍結されていて、追徴金を払って復活させるまでお金を動かせない。5,000万円あれば解除できるので立て替えてほしい」と融資を依頼。A被告がノアに対し多大なる支援をしていたことを知っていたため、同年10月まで5回に分け計5,300万円をA被告の口座に借用書をとることなく振り込んだ。

 しかし、その後、A被告は10年6月までに三沢さんの夫人にわずか500万円しか返済せず、同9月に三沢さんの夫人はA被告夫妻の自宅などを差し押さえ、その後、未返済金4,800万円の返還を求めて東京地裁に提訴し勝訴。その後、刑事告訴したが民事で判決が出ているため、この件では不起訴となった。

 三沢さんの夫人の件とは別に、A被告は10年10月、徳島県内に住む老人から1億1,600万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕され、昨年11月に徳島地裁で懲役7年という、詐欺罪としてはきわめて重い判決を受けた。

「A被告は三沢さんの夫人を騙したのと同じような手口で、徳島県内の男女4人から金をだまし取っていた。おまけに、検察側は論告求刑で詐欺の前科があり、03年から10年までに約30人から総額約16億円をだまし取っていたことを述べた。A被告は反論し、判決を不服として控訴しているようだが、この論告が事実だとすれば、ノアは”詐欺マネー”によって支えられていたことになる。最近でも、同団体の看板タイトルの元GHC王者の力皇がケガのため引退し、集客に多大なる貢献をしてきた齋藤彰俊、佐野巧真を”リストラ”。仲田氏はさっさとA被告との縁切りに奔走するなど団体内は迷走状態。今年で一気に傾く可能性もありそう」(プロレス関係者)

 あまりにもノアにとってダメージが大きすぎる詐欺事件だが、”ブラックマネー”で会社が支えられていたことを知ったら、ファンのメガトン級のショックを受けるに違いない。

プロレス 黒い霧

知らないほうが幸せってこともあるよね。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 18:31

「タニマチは詐欺師だった!?」プロレスリング・ノアを激震させる巨額詐欺事件のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

 映画『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演)が世界各...
写真