日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 自宅警備隊がサイゾーに宅外派遣
「守りたい、家がある」話題の武装集団がサイゾー編集部に宅外派遣!

「夢は国立競技場で大集会!?」コスプレ界を席巻する、自宅警備隊の秘めたる野望

IMG_3444.jpgこの集団、いったい何者?

 最近、各地のコスプレ会場に出没して話題を呼んでいる黒ずくめの武装(?)集団「自宅警備隊」をご存じだろうか。

 ハリウッド映画に出てくる特殊部隊のようなカッコイイ装備で決めているのに、ヘルメットに燦然と輝く「NEET」の文字。そして彼らの守るのは愛する人でも日本でも、ましてや地球の平和でもなく、それぞれの自宅なのだという(主に自分の部屋のみ)。

 2011年に初めての出現が確認された時にはたったひとりの部隊だった自宅警備隊も、入隊希望者が殺到して現在では総勢130名を超えているのだとか。彼らは一体何者なのか? そして目的は何なのか? 創始者にして隊長である鰐軍曹隊長(軍曹なんだか隊長なんだかよく分からないが)と隊員のみなさんにサイゾー編集部のある渋谷まで宅外派遣してきてもらい、インタビューを敢行した!

――まずは、この自宅警備隊を始めたきっかけというのは?

鰐軍曹隊長 「私はもともと、コスプレイヤーさんの撮影をするのが好きだったんですが、コスプレ会場で撮影するに当たって、こっちもコスプレしていないと浮いてしまうんですね。だから最初は普通にアニメとかのコスプレをして撮影していたんです。でもアニメキャラのコスプレって、機動性が悪くてバシバシ撮影するのには向いていない。そこで、動きやすくてちょっと面白いコスプレがないかなって考えたのが、この自宅警備隊なんです」

――ああ、当初はほかのコスプレイヤーさんを撮影するために一応していただけのコスプレだったんですね。

鰐軍曹隊長 「以前からミリタリー系が好きで、サバイバルゲームなどで使う装備も持っていたし、撮影のためのいろんな道具なんかも持ち歩きやすい、実用的なコスプレなんですよ。でも、ただミリタリーのコスプレをしても面白くないので、ネットでよく使われている『自宅警備員』と書かれた紙を背中に貼り付けて会場に行ったんです。こんなにイカツイ格好をしているのに『自宅警備員』って面白いかなって」

12345
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真