日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 猪瀬新知事の“表現規制”に迫る
これが都民の選択──

猪瀬直樹新都知事に肉迫! 『ミカドの肖像』の前に脆くも崩れた「表現の自由都市」という妄想

東京都の新都知事・猪瀬氏

 石原慎太郎前知事の辞職に伴う東京都知事選は、前・都副知事の猪瀬直樹氏が圧倒的多数で当選を果たした。当選を決めた直後、選挙事務所で開かれた記者会見に当サイトも参加。一昨年の東京都青少年健全育成条例以来続く「表現の自由」について、再び問うた。

 「漫画表現の自由を奪う“規制派”である」という批判に対して、猪瀬氏は「漫画規制はやっていない」と断言する。そして、選挙期間中にTwitterなどで猪瀬氏に対するネガティブなツイートが相次いだことに触れながら、次のように語る。

「間違った情報が流れているだけです。ゾーニングの問題であって、表現規制ではないんだということをわかっていただければよい。僕も言論表現の自由を追求してきました。ただし、言論・表現は、言論・表現の自由と規律があって初めて成り立つわけです」

 これまでも当サイトで報じている通り、東京都青少年健全育成条例は、改正はされたものの、新たな条文の適用は行われていない。一方で、今年に入ってからは、度を超えた表現で不健全図書指定を受ける例が数例見られ、「規律」の部分が弛緩してきていると言わざるを得ない。もはや、猪瀬氏の新知事当選を経て「規制が強まるのでは」と心配するよりも、まずは「内部の敵」を点検する必要があることに、カンのよい出版人なら気づき始めているはずだ。

 今回、猪瀬氏の有力な対抗馬として登場した宇都宮健児氏は「東京を“表現の自由都市”に」をスローガンに、「“表現の自由”を保障するために、デモ・集会規制、マンガ規制、クラブ規制などを見直します」を公約に掲げた。しかし、それは大きな支持を集めることにはならなかった。宇都宮氏を支持した日本共産党の組織票は約60万票。それを差し引いて考えると、脱原発や「表現の自由」に重きを置いて投票した人が、いかに少なかったかが、自ずと見えてくる。


12
こんな記事も読まれています

猪瀬直樹新都知事に肉迫! 『ミカドの肖像』の前に脆くも崩れた「表現の自由都市」という妄想のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...…
写真