本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

「これでタレント生命も尽きた!?」巨額脱税・板東英二の“銭ゲバ”ぶり

板東英二オフィシャルブログ「ブレイクしたいねんっ!!」

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 年末の12月27日、元プロ野球選手でタレントの板東英二の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」が名古屋国税局から約7,500万円の申告漏れを指摘されていたことが明らかになった。

 これを受けて、板東はレギュラー出演するTBSの人気長寿番組『世界ふしぎ発見!』の出演を見合わせ、番組降板説もささやかれている。さらに、テレビ界からの追放の声も上がっているようだから、穏やかではない。筆者も、異常なまでに金銭への執着心が強い板東は、いつかカネで身を滅ぼすと思っていたが、今回の事件でその日が近づいたような気がする。

 中日ドラゴンズで投手として活躍していた頃の板東を筆者はかすかに覚えている程度だが、タレントに転向してからの大活躍ぶりは誰もが知るところだろう。バラエティ番組やクイズ番組の司会者として大活躍、一時は“テレビ界の帝王”とも呼ばれるようになった。しかし、裏の顔は財テクに精を出して、タレントの間では「銭ゲバ」と呼ばれて敬遠される向きもあった。

 板東は、財テクで一時的には財を成したが、バブル崩壊後は莫大な借金を背負った。96年には株運用をめぐる恐喝疑惑が週刊誌に報じられたほか、“ハンナン牛肉偽装事件”や“フジチク牛肉偽装事件”では、逮捕されたハンナンの浅田満氏や藤村芳治氏にタカっていた芸能人の中心人物として名前が挙がった。

 さらに、板東は社会的に批判を浴びた宗教法人「法の華三法行」の広告塔ともいわれた。

 板東は東京で仕事があると、「法の華」本部がある静岡県富士宮市に立ち寄っては、福永法源元代表から法外な“お車代”を受け取っていたとされる。それだけではなく、「法の華」の宣伝番組を自身のプロダクションで制作していた。福永はその後、詐欺罪で逮捕されるが、板東が福永から手にしていたカネは詐欺で集めていたものだった。しかし、板東は社会的責任どころか道義的責任を問われることもなく、タレント活動を続けてきたのだ。


12
こんな記事も読まれています

「これでタレント生命も尽きた!?」巨額脱税・板東英二の“銭ゲバ”ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

年末の12月27日に、元プロ野球選手でタレントの板東英二の個人事務所「オフィスメイ・ワー...
写真