日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 菅野美穂は本当に「あげまん」か?

菅野美穂が押しつけられた「理想の嫁」像の薄気味悪さ

女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!

全部読む

inred0803cyzo.jpg菜々子を反面教師にしてる?(『In Red 2013年 06月号』宝島社)

 7月に一斉スタートした夏の連続ドラマの中で、視聴率が最も好調なのが、日曜夜9時放送の『半沢直樹』(TBS系)だ。初回平均視聴率19.4%、第二話が21.8%、そして第三話は22.9%と、右肩上がりに伸び続けている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 ドラマの人気にあやかろうと、週刊誌やweb媒体でもこぞってこの話題を取り上げているが、主演の堺雅人(39)の“新妻”である菅野美穂(35)を賞賛する記事が多いことに驚く。「あげまん」「嫁力」「夫改造計画のおかげ」とさまざまな方向から菅野の「いい奥さんっぷり」が絶賛されている。内助の功を発揮して夫の活躍をサポートしている、という論調のそれら記事内容をまとめてみると……

つづきを読む

最終更新:2013/08/03 14:00
こんな記事も読まれています

菅野美穂が押しつけられた「理想の嫁」像の薄気味悪さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真