日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 一筋縄ではいかない満島ひかり
『夏の終り』公開記念インタビュー

「満島ひかりは一筋縄ではいかない女優」熊切和嘉監督が描く、自由奔放な女の生きざま

IMG_68343.jpg

――そういった光の当らない人を描こうという意識が、常にあるんですか?

熊切 うーん、その経験は確かにずっと胸にあるんだけど、映画を作っていると、突然変異的に変なキャラクターが生まれちゃうだけで。昔も今もそうなんですけど、出来上がってみないとわからない。あまり計画、計算ができないんですよ。唯一、計算してやっているのは編集だけ。撮影現場では感覚で見ているような感じです。セリフをちょっとぐらい間違えててもOKにしちゃうし。集中して見てはいるけど、気持ちが芝居の中にあればいいっていうスタンスです。

――熊切監督はいいペースで作品を製作、公開できているように思いますが、映画業界に対する不満や要望はありますか?

熊切 普通ですけど、映画料金って高いよなぁって思います。どうにかならないんですかね。1000円ぐらいだったら、みんなもっと見るのに。一方で、100円でDVDレンタルできたりもしますよね。僕もすごく活用するんですけど、活用しつつ切なくなるというか。前に『ノン子36歳(家事手伝い)』の中で、ヒヨコ何千羽が逃げ惑うというスペクタクルなシーンを大変な思いをして撮ったんですよ。それがレンタル店で「何千羽が100円か…」って、がっかりしちゃって(笑)。

――「DVDになったら見ればいいや」と思う人が増える一方ですもんね。『夏の終り』も、劇場で見てほしいという思いがありますか?

熊切 『海炭市叙景』と同じチームでやったんですけど、古い日本家屋の中で撮っているので、光と影、陰影をキレイに出すことを心がけたんです。デジタルですが、暗闇の黒がキレイに出せているんですよ。だけどDVDで見ると、暗闇が波打って見えるかもしれない。だから、ぜひスクリーンで見てほしいんですよね。

――最後に、日刊サイゾー読者にメッセージをお願いします。

熊切 主人公の知子は、見る人によっては拒絶しちゃうぐらい奔放な女性なんですけど、そこで引かずにどうか受け止めてください! きっと魅力がわかるはずです。好きになるかどうかはまた別の話ですが(笑)。
(取材・文=大曲智子)

●くまきり・かずよし
1974年生まれ、北海道出身。97年、大阪芸術大学の卒業制作『鬼畜大宴会』が第20回ぴあフィルムフェスティバルにて準グランプリを受賞。ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式招待など、国内外で高い評価を得る。主な監督作に、『アンテナ』『青春☆金属バット』『フリージア』『ノン子36歳(家事手伝い)』『海炭市叙景』など。14年に『私の男』の公開を控える。

natsuowai.jpg
『夏の終り』
8月31日より有楽町スバル座ほか全国ロードショー
監督/熊切和嘉  原作/瀬戸内寂聴『夏の終り』(新潮文庫刊)
出演/満島ひかり 綾野 剛 小林 薫
公式サイト <http://natsu-owari.com>
(c) 2012年映画「夏の終り」製作委員会

最終更新:2013/08/28 15:03
123
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真