日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > フジモンとノブコブ吉村がバトル

FUJIWARAフジモン「ピカル終わってザマァ!」発言でノブコブ吉村とバトル勃発!

pikarum.jpg『ピカルの定理マガジン』(扶桑社)

「吉村さんからすれば、かなり痛いところを突かれたんでしょうね。顔を真っ赤にして反論してましたから」(テレビ局関係者)

 先日、あるバラエティ番組で平成ノブシコブシとFUJIWARAが一緒になった際、藤本敏史が吉村崇に向かって放った発言が話題を呼んでいる。


「フジモンが、『ピカル終わってザマァ!』と吉村さんを挑発したんです。吉村さんも『うるせぇ!』と返したんですけど、さらにフジモンが『視聴率が2ケタいかなかったんだよな!』と追い打ちをかけると、何も言えなくなっていました。ただ、顔を赤くして『うるせぇ!』と言うだけで、現場の空気も冷めきってしまった。案の定、オンエアを見ると、そこの部分はカットされていませんでした。フジモンも別に悪意があってその話を振ったワケじゃないと思いますし、“破天荒キャラ”を発揮させようとチャンスを与えたつもりだったんでしょうが……」(番組スタッフ)

 以前にも、有吉弘行にかみついてスベリ倒した経験のある吉村。

「本人も、発言した割にはオンエアが少ない番組があるなんて言ってましたが、あのときの吉村さんはマジ切れしていた感じでしたね。『ピカルの定理』が終わって全国のレギュラー番組はなくなったわけで、本人もかなりの危機感を抱いているはずですよ」(同)

 ひな壇で並ぶ機会も多いフジモンとの遺恨が長引けば、吉村の出番はさらに減ってしまうかもしれない。

最終更新:2013/10/05 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed