日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > メディアの注目度もアップ中! ネトウヨのアイドル“竹田恒泰萌え”とは?

メディアの注目度もアップ中! ネトウヨのアイドル“竹田恒泰萌え”とは?

takedatsune.jpg『竹田恒泰責任編集 日本を元気にする本』(学研パブリッシング)

 2020年の東京オリンピック開催決定の効果で今、滝川クリステルが注目を浴びているが、実はもう一人、にわかに引っぱりだこの人物がいる。それは、JOC竹田恒和会長の息子で、「明治天皇の玄孫」である慶應義塾大学の非常勤講師・竹田恒泰だ。最近はワイドショーをはじめ、『もてもてナインティナイン』(TBS系)や『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)などのバラエティ番組にも出演。“旧皇族”という肩書と強気な反韓発言で、ネット上では「若きイケメン」「たたずまいに気品がある上に、日本古来の伝統を体現した本物の教養を持つ人」と、ネトウヨを中心に支持を集め、辛酸なめ子にも「聖なる王子様」と呼ばれる人物だ。

 その人気を象徴するように、9月には“まるごと一冊 竹田恒泰”を謳ったムック『竹田恒泰責任編集 日本を元気にする本』(学研パブリッシング)を発売。「日本に新しい風を吹かせる貴公子を徹底解剖」しているのだという。果たして、ネトウヨを魅惑する気品とはいかなるものか、この本から紹介しよう。

 まず、ページをめくって早々に度肝を抜かれるのが、『日本で一番忙しい男と行った「サハリン鎮魂の旅」同行記』なる記事だ。北方領土返還を求めている竹田の活動にスポットを当てた旅行記なのだが、竹田は日本最北端にある宗谷岬の突端に立ち、唐突に「樺太を返せぇぇぇーーー!」とロシアに向かって絶叫。立ち寄った北方記念館では、樺太で殉死した乙女の写真を見て「おんのれぇ~!」と怒りをたぎらせたという。これには同行した編集者さえも思わず「ええええええっ」と引き気味なのだが、確かに「明治天皇の玄孫」をウリにする人物とは到底思えない言葉遣いの荒さは、かなり気になる。Q&Aのコーナーでも「歴史上の人物でなってみたいのは?」と聞かれ、「大日本帝国連合艦隊司令長官の山本五十六。もう一度アメリカとやったら、今度は勝てると思うから」と勇ましく答えているが、この“口だけ番長”感は……ちょっとコワい。

 さらにプライベートを明かしたコーナーでは、湘南の閑静な住宅街の一角にあるという邸宅を紹介。明治天皇から竹田家に贈られたというステンドグラスや、「皇室御用達」の籐椅子などをアピールしているが、ご自慢の「後陽成天皇真筆の掛軸」も人からもらったものだといい、お宝である『孝明天皇紀』もインターネットの古本屋サイトで購入したというから、「旧皇族」というよりも“皇室オタク”のようなノリである。

 しかも、愛車のロールスロイスは「カーセンサー」で探して購入したそうで、こだわりの財布を披露したくだりでは、財布を買うと最初の2週間は「財布に可能性を気づかせるため」に、入る限りの1万円札を入れるという「金運上昇法」を紹介。そういえば、過去には貸倉庫の保管料滞納をめぐって、父・恒和と揃って“詐欺師親子”と「週刊新潮」(新潮社)に書き立てられたこともあった彼。本書では、「今まで食べた中で一番高額な料理は?」という質問に「東京六本木の纏鮨だって5万円くらいだろうし。そんな高い料理って、食べたことありましたかね」と中途半端なセレブ感を披露しているものの、意外とその内情は厳しいのでは? と邪推したくなる部分も……。

12

メディアの注目度もアップ中! ネトウヨのアイドル“竹田恒泰萌え”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

2020年の東京オリンピック開催決定の効果で今、滝川クリステルが注目を浴びているが、実は...
写真