日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 未開の地・グンマーを語りつくす
『群馬のおきて』×『お前はまだグンマを知らない』著者対談

「魅力度最下位だけど、住むにはいい場所!」ボクたちが“未開の地・グンマー”を愛するワケ

gunmakey.jpg(c)2013 SHINCHOSHA

 ここ数年、「未開の地・グンマー」などと呼ばれてやたらとネット上でバカにされ、ネタになっている群馬県。しかも2012年の「都道府県魅力度ランキング」では魅力度最下位、さらに化粧品メーカーのポーラが発表した「美肌県グランプリ」でも最下位になってしまったりと、踏んだり蹴ったりの状態なのだ。

 しかし、今年の夏の甲子園では前橋育英高校が優勝。群馬のゆるキャラ「ぐんまちゃん」も「ゆるキャラグランプリ2013」で3位に入賞。サブカル方面でも『群馬のおきて~グンマーを楽しむための52のおきて』(アース・スターエンターテイメント)という本が出版されたり、新潮社のWebマンガサイト「くらげ バンチ」で掲載中の漫画『お前はまだグンマを知らない』が話題になったりと、意外なところで注目度が高まっていることも事実。

 ……ということで、残念ながら「地味でビミョーな県」というポジションが定着しつつある群馬県をどーにかするために(?)、『群馬のおきて』の作者・北村ヂンと、『お前はまだグンマを知らない』の作者・井田ヒロトによるグンマーサミットを開催! どうしたら群馬県は魅力度あふれる県になれるんでしょうか!?

■外に出てみないとよさが分からない県

北村 群馬をネタにして本や漫画を描いている2人、という対談なんですが、井田さんとボクの群馬との関わり方って逆なんですよね。ボクは出身が群馬で現在は東京に住んでいるんですが、井田さんは外から群馬にやって来たんですよね。

井田 そうですね。神奈川生まれなんですけど、それから父親の仕事の都合で千葉に行ったり引っ越しをしまくっていて、最終的に中学に上がる時に群馬の高崎へやって来たという感じです。

北村 群馬には、引っ越してすぐに馴染めました?

井田 怖かったですね。それまで千葉県のすごい過疎地に住んでいたんで、高崎に来て「ウワッ都会!」って思いましたもん。

北村 都会!? 群馬が!

井田 引っ越してきたのが、高崎競馬場のすぐ近くだったもんで。

北村 ああ、今はなき高崎競馬場! ボクは逆に、子どもの頃から「こんな田舎イヤだー!」と思い続けていて、大学進学と同時に東京に逃げたタイプなんです。

井田 確かに、生まれてからずっと群馬にいて「群馬が好き」っていう人って少ないような気がします。一回外に出てみないとよさが分からないというか……。自分も、大人になってから群馬を出て、東京に一年住んでみたり、埼玉に一年住んでみたり、韓国に一年住んでみたり、フラフラしていた時期があったんですけど、「そろそろ腰を落ち着けて漫画を描こう」と思って群馬に帰ってきてから、「群馬いいところだな」って感じましたから。

北村 ボクも普段は仕事で日本全国を回って珍スポットや奇祭などを取材しているんですが、群馬に関しては「もう知ってるから」ということでわりとノーマークだったんですよ。でも、いろんな県を見てきて、あらためて群馬を振り返ってみたら一番変わってて面白い県だなって思いましたね。


1234
こんな記事も読まれています

「魅力度最下位だけど、住むにはいい場所!」ボクたちが“未開の地・グンマー”を愛するワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

ここ数年、「未開の地・グンマー」などと呼ばれてやたらとネット上でバカにされ、ネタになって...
写真