日刊サイゾー トップ > 芸能  > 悲報!GACKTが空回り

火消しのつもりが逆効果!? GACKTが愛人問題渦中の川崎麻世「バカ女」メールを暴露!

gackt0128.jpg

 よかれと思ってやったのに……。ミュージシャンのGACKTが、友人の川崎麻世の“愛人問題”に首を突っ込み、火に油を注いでしまっている。

 発端は13日発売の「女性自身」(光文社)で川崎の愛人問題が報じられ、その中で「GACKTにも(愛人女性を)『彼女』と紹介していた」と書かれていたことだ。


 GACKTは17日、自身のブログで報道に触れ、川崎から「GACKT、スマン…迷惑をかけてしまった。せっかく素敵な舞台が終わったあとなのに意味のわからないバカ女が女性自身と組んでやりたい放題だ…。謝罪する…申し訳ない…」とメールで謝罪されたことを明かした。

 続けてGACKTは「あはははは。誰だ、この女は??ホント…、世も末だ」と記し、「麻世さんに女を紹介されたことなど一度も無い!!」と記事内容を全否定。その上で「事実確認もしっかりしないで、どうでもいいことをこんなにもツラツラと…。ボクの名前を出す必要さえどこにもないのに」と、怒りをにじませた。

 とはいえ、GACKTの配慮が足りなかったのは、川崎からのメールをそのまま暴露したこと。とりわけ、「意味のわからないバカ女が女性自身と組んでやりたい放題だ」というくだりはマズかった。

 週刊誌記者は「女性側と『女性自身』が組んでいるのは事実ですが、今回のスキャンダルは川崎さんが彼女と不倫しておきながら、彼女の妊娠がわかるや態度を豹変させたという、女性が最も嫌うネタ。妻のカイヤさんも今回ばかりは三くだり半を突きつけ、離婚をほのめかしています。その矢先に“被害女性”を『バカ女』呼ばわりしていたことがバレたわけですから、世間のイメージは悪くなる一方です」と話す。

 友人のためにひと肌脱いだGACKTだが、逆効果になってしまったようだ。

最終更新:2015/01/28 10:00
こんな記事も読まれています

火消しのつもりが逆効果!? GACKTが愛人問題渦中の川崎麻世「バカ女」メールを暴露!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

よかれと思ってやったのに……。ミュージシャンのGACKTが、友人の川崎麻世の“愛人問題”...
写真