日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > ADHDの息子を檻に幽閉する父親

「俺だって、閉じ込めたくはない……」中国農村部で、ADHDの息子を檻に幽閉する父親の苦悩

11739684_980x1200_0.jpg

 人権問題や道徳崩壊がたびたび取り沙汰される中国で、12歳の少年の境遇に注目が集まっている。江西省九江市の農村部に住むADHD(注意欠如多動性障害)の小旺(シャオワン)は、勝手に他人の家に上がり込み、服や靴、食器、日用品、携帯電話などを持ち出して田んぼの中に投げ捨ててしまうといった行動が、村人から問題視されていた。そこで彼の父親が、家に2平米ほどの檻を設けて小旺を中に閉じ込めてしまったのだ。檻の中には2つの木の椅子と排泄用の便器、そして退屈しのぎの麻雀牌があるばかりだ(ポータルサイト「騰訊」1月30日付)。


 生まれたばかりの頃は、特に障害は見られなかったものの、いつまでたっても「お父さん」「お母さん」以外の言葉を話すことができなかったという小旺。また、じっとしていることが苦手で、紙を見ると破らずにいられない、拾った物はなんでも食べずにいられない、ほかの家のものはなんでも投げ捨て壊してしまうという症状が見られるようになり、周囲からは「破壊王」と呼ばれるようになった。

 そして7歳の時、小児科病院で検査を受けたところ、初めて医師から大脳の発育不良でADHDであると診断された。

 その後父親は、「俺は稼ぎに出なくちゃならないから、ずっと小旺を見ていることはできない。母親も彼を見られないし、近所から毎日のように苦情を訴えられる。これ以上、息子を“野に放す”ことはできない」と、仕事中に限り、小旺を部屋に閉じ込めることにした。

 しかしある日、仕事から戻ってくると、部屋は小旺が壊したガラスが散乱し、目も当てられない状態になっていた。そのため次は鎖を購入し、小旺の腕にくくりつけて管理することにした。こうして小旺は、父親が家にいるとき以外は鎖につながれて暮らすことになった。

 しかし成長するにつれて、小旺の力はどんどん強くなり、腕の鎖が彼の皮膚を傷つけるようになった。父親はそれを見ていられなくなり、ついに鉄格子の中で彼を育てる決意をしたという。

 父親は言う。「俺だって息子を閉じ込めたくない。学校も彼が入学するのを拒否するし、俺が働かなかったら飯が食えない」。実の息子を檻に入れるという行為は、父親にとっても悩み抜いた上の決断なのだ。

 村の党幹部も「誰か心優しい人が援助の手を差し伸べてくれれば助かるのだが……」と、行政の無力さを嘆く。

 ネット上では小旺の境遇に関し、父親の行為を非難するものと、医療・福祉制度の未整備を問題視するものの、両方の声が上がっている。

 現在も小旺は鉄格子の中で暮らしており、父親は息子の病気が治って学校に通えることを願っている。

最終更新:2016/01/27 19:49
関連キーワード

「俺だって、閉じ込めたくはない……」中国農村部で、ADHDの息子を檻に幽閉する父親の苦悩のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

人権問題や道徳崩壊がたびたび取り沙汰される中国で、12歳の少年の境遇に注目が集まっている...
写真