日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ふかわりょう強迫事件、ファンか

ふかわりょうに「殺してやる」女逮捕、平井堅・眞鍋かをり・平野綾……ファンが脅迫犯に変わる時

fukawa0410.JPGROCKETMAN『恋ロマンティック!!』(ビクターエンタテインメント)

 タレント・ふかわりょうのFacebookに「殺してやる」などと書き込み脅したとして、警視庁は川崎市に住む32歳の無職の女を10日までに逮捕した。

 同署によれば、女は昨年3月27日から4月1日頃にかけ、ふかわのページに「今すぐ死ねよ」などのコメントを計14回投稿したという。「ふかわさんのファン」を自称する女は、「メッセージを投稿したのに、うそをつくので許せなかった」などと供述。意味不明な発言を繰り返していることから、同署は刑事責任能力の有無も含め調べている。


 ふかわは、昨年10月に自身のブログで、半年以上にわたり殺害予告を受けていたことを告白。「ツイッターやフェイスブックで、僕にメッセージを送り続けてくる人がいます。内容はおおむね“殺害したいほど憎い”といったもの」「ログインするたびに、24時間体制で送り続けてきます」とし、公表した理由について「取り返しのつかないことになってから“なんで言わなかったの!”と責められても困る」と説明。さらに、「僕はジョン・レノンになりたくありません」と、1980年に暗殺された元ビートルズのメンバーを例に挙げ、事態の深刻さを示唆した。

 タレントへの犯罪予告といえば、2008年に「コンサートを中止しろ。じゃないと無差別に刺し殺す」などと殺人予告をネット上に書き込み、歌手・平井堅のコンサートを中止させようとした会社役員の男が逮捕され、民事訴訟に発展したケースや、2011年に声優の平野綾のTwitterに宛て「今すぐ あなたを殺しに行きます」などと送り続けていた男が逮捕される事件などが起きている。

 また、昨年11月には、タレントの眞鍋かをりを脅迫していた男を逮捕。男は、ブログに「死にたいなら殺してやるよ。真鍋かをりを俺は殺しますので」などと投稿。さらに、面識がないにもかかわらず、Twitter上では「お前に俺と恋愛をする資格はもうない」などとメッセージを送りつけ、900回以上にわたり脅迫や誹謗中傷を繰り返していた。

「容疑者逮捕に至っていないものも含め、有名人の同様の被害は、日常茶飯事といっていいほど多く見受けられる。狂信的なファンによる犯行であることも多く、特にAKB48メンバーをはじめとするアイドルはターゲットになりやすい。芸人であるふかわは、バラエティなどで“ヘタレキャラ”としてイジられることも多いが、一方で『ROCKETMAN』名義でミュージシャン活動をしたり、趣味であるアイスランド旅行の本を出版するなど、アーティスト色の強い活動も。今回、逮捕された女も、そんなふかわをアイドル目線で見ていたのかもしれない」(週刊誌記者)

 SNSなどの普及により、一般人が有名人に直接メッセージを伝えられる時代、同様の被害はなくならないのだろうか?

最終更新:2015/04/10 17:28
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed