日刊サイゾー トップ > 芸能  > スザンヌ流離婚ママタレの必勝法

元夫を責めないスザンヌ、「今でも仲良し」を猛アピールの新山千春……“離婚ママタレ”の新必勝パターンって!?

 さらに、離婚後、黒田氏がキャンプで留守中に、かつて夫婦生活を送っていた黒田氏の自宅を、1カ月かけてすべて掃除。「次の彼女が来た時に、かわいそう」との思いから、大量の新山の写真を片づけたほか、花柄でそろえたトイレグッズを、黒田氏が選んだかのようなブルーのグッズに、すべて取り替えたのだという。

「これまで、離婚した有名人は、“相手の話題はタブー”というのが一般的だったが、最近は暴露系テレビ番組の増加に伴い、ネタにする傾向が強まっている。また、会見やテレビで、離婚を前向きに語ることによって、本人の好感度も上昇。スザンヌなんかは、子育てブログにバッシングの多かった離婚前よりも、むしろ離婚後のほうが好感度が上がっている。新山も、離婚当初は相手への不満を口にすることもあったが、次第に『子どものために、元旦那と仲良くしている』という点を全力でアピール。離婚後のメディア露出は、今や芸能人にとって“いいママぶり”をアピールするための、腕の見せどころといえそう」(芸能記者)

 芸能界で生き残るため、必死で自分を売り込む“離婚ママタレ”たち。元夫への恨みつらみを口にしたところで、芸能人としてはちっとも“オイシく”ないようだ。

最終更新:2015/04/22 23:00
12
こんな記事も読まれています

元夫を責めないスザンヌ、「今でも仲良し」を猛アピールの新山千春……“離婚ママタレ”の新必勝パターンって!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

元プロ野球選手・斉藤和巳氏と離婚したスザンヌの好感度が、うなぎ上りだ。 21日放送の『ロ...
写真