日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > のぞき窓逆装着で情事盗撮?

工事ミスか、ラブホの組織的犯行か……「ドアスコープ逆装着盗撮」が中国で流行中?

tousatu001逆向きに取り付けられていたドアスコープ。部屋の中の情事が丸見えだ……

 中国・杭州にある人気ラブホテル。そのドアののぞき窓は、本来は内側からドアの外が見えるべきところ逆に取り付けられており、外から部屋が丸見え! それに気づいて怒った客とホテルがモメて、ネット上で炎上する事態になった。「捜狐」(9月24日付)などが伝えた。

 舞台は、中国のネット上のラブホランキングで第5位にランクインする、杭州のある人気ホテル。紫色の妖しいライトの廊下を通って部屋に入ると、大きなダブルベッドに、ベッドから丸見えの透明のバスタブ、いろいろな体位が楽しめるラブチェアも置かれている。

 午後4時頃、20代の男性が、恋人とそのホテルにチェックインした。9時頃、ドアの外で物音がしたのでドアスコープ、いわゆるのぞき窓から外をのぞいてみるが、まったく何も見えない。不審に思い調べてみると、ドアスコープが逆に取り付けられており、ドアの外から部屋の中が丸見えだった。

 すぐにホテルのフロントへ連絡するも、ホテル側は「内装工事の際に、付け間違えただけでしょう。気になるなら、紙でも貼っておけば?」といい加減な返答。

 憤慨した男性は警察に通報するとともに、すぐにチェックアウトをし、さらに自分が受けた精神的苦痛に対して損害賠償を要求した。それに対してホテル側は「そこまでの事態ではない」と拒否。その後、男性がこの件についてネット上に書き込み、炎上したというのが騒動の経緯だ。さらに杭州の地元メディア「銭江晩報」の記者が後日、ホテルの責任者に真偽のほどを確認したところ、「複数の部屋のドアスコープは、確かに逆に取り付けられていた。しかし私たちが故意にやったのではなく、何者かが悪意をもって行ったに違いない」と回答したという。

 果たしてホテル側がやったのか、従業員がやったのか、それとも第三者が故意に行ったのか――。謎は深まるばかりだ。一方、ドアスコープのみならず、はっきりと盗撮目的の小型カメラが部屋から発見された例もある。

12

工事ミスか、ラブホの組織的犯行か……「ドアスコープ逆装着盗撮」が中国で流行中?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

中国・杭州にある人気ラブホテル。そのドアののぞき窓は、本来は内側からドアの外が見えるべき...
写真