日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 岡村「芸能人結婚」への発言にドン引き

もうネタにしないで! ナイナイ岡村隆史が芸能人結婚のたびにリスナーを“ドン引き”させるワケ

okamura0530.jpgいつの間にそんなキャラに

 最近、すっかり「イタいおっさん」が板についてきたお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、またしてもリスナーを“ドン引き”させてしまった。

 岡村は1日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で福山雅治と吹石一恵の結婚を話題に上げたが、「ずっと『隠れパーフェクト美人』と言うてたんですよ。福山君より先やと思うんですよ」と吹石への思いを吐露し、「いつもヒソヒソ話やったんですね。あの人、綺麗やなぁ。パーフェクトやなぁって」と、福山への嫉妬感丸出しのコメントを出した。

 岡村としては旧知の間柄である福山の結婚を祝福する言葉だったのかもしれないが、ネット上では「まじでキモイ」「自己評価高すぎ」「すっかり嫌われキャラ」など散々に叩かれている。

「美人女優との結婚を夢見る話はよく明石家さんまなどが使うネタですが、さんまの場合は以前女優と結婚していましたし、いまだにスキャンダルを報じられるプレイボーイですから、軽いジョークに聞こえます。岡村の場合は“結婚できないおじさん”イメージが強く、ジョークにしても生々しい(笑)。リスナーとしても拒否反応が出てしまったんでしょうね」(芸能記者)

 これまでも岡村は、著名人の結婚や出産に対し落胆か負け惜しみかのような発言を繰り返してきた。かつて熱愛疑惑が報じられた熊田曜子の結婚の際は「好きやった。でもビビッた」と過去をほじくり返して批判の的に。上戸彩の出産に際しては「娘さんと結婚できれば上戸彩ちゃんの息子になれる」と語って多くのリスナーを震え上がらせた。最近でも堀北真希と結婚した山本耕史の“ストーカー寸前”のアプローチに苦言を呈したものの、「そりゃあ岡村がやればストーカーだからな」と呆れさせる始末だ。

「2010年6月から半年ほど休養した岡村は、復帰後なぜか“物申す芸人”になってしまい、多くの問題発言で物議をかもしています。特に自身が芸能人であることを“特権”と捉え、ネットユーザーなどを見下すような発言が多い。DA PUMPのISSAが元AKB48の増田有華との熱愛を報じられ、ISSAに対しAKBファンからヤジが飛んだことにも『お前らとISSAはステージが違う』と一蹴し怒りを買っています。休養の理由は精神的なものとされていますが、このような“差別発言”を見るに情緒が安定しているとは思えませんね」(同)

 自身を棚に上げ、感情のおもむくままに上から目線で発言し、他人の幸せにはネタ込みで嫉妬発言を連発……。“結婚できない”が、もはやネタにしても痛々しすぎる現状に、岡村は気づいているのだろうか。

最終更新:2015/10/07 13:40
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed