日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 田中邦衛に老人ホーム入居報道
週刊誌スクープ大賞

地井武男、高倉健、菅原文太が逝き……“名脇役”田中邦衛に「老人ホーム入居」報道

 さて、今週の第8位から。巨人軍の野球賭博“事件”を文春が大きく扱っているが、どうも話がわかりにくい。簡単にまとめると、巨人軍に所属している福田聡志投手(32)と笠原将生投手(24)が、野球賭博をやっていたことが発覚したと巨人側が発表し、NPB(日本野球機構)に告発したのである。

 文春は、この疑惑の渦中にいるA氏にインタビューしているが、A氏は40代で、税理士を目指して愛知県内の大学院に行っている人物だという。彼は知人の紹介で笠原に会い、ギャンブル好きということで意気投合した。ゴルフや麻雀をやるようになり、今年になって笠原が福田を連れてきた。もちろん福田もギャンブル好きで、借金も相当あるそうだ。

 巨人側の説明では、福田はAから野球賭博に誘われ、全国高校野球選手権大会の複数の試合に賭けたが、大損した。Aから「遊びだから、プロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、また賭けたが負けて、百数十万円の損となったそうだ。

 Aは、そのカネを取るために福田のいる、ジャイアンツ球場へ行ったら法務部の人間が出てきて、こちらで確認して電話すると言われたという。だが、Aには連絡なしで5日後に突然、球団発表となったのだそうだ。

 これを読む限り、笠原は野球賭博常習者と思われる人間と付き合っていたし、福田が野球賭博に手を染めていたのは間違いない。だが福田は、今季一度も一軍での登板はないから、69年に西鉄ライオンズの永易将之投手が八百長試合に関与していた「黒い霧事件」のような大事件にはならないのではないか。

 では、なぜ巨人軍は、クライマックスシリーズを控えたこの時期に公表したのか?

「福田に連なる人脈のなかに、球団と暴力団との接点とみられているパ・リーグに所属した四十代の元外野手がいる。彼は野球賭博や裏カジノで有名な山口組弘道会系の有力組織『稲葉地一家』の最高幹部と個人的に親しい間柄だという」(文春)

 まだまだ広がっていくのか。この事件の進展は、予想がつきかねるようである。

 ところで東芝やVW、三井不動産と旭化成など、大企業の不正が次々に明るみに出ているが、現代は巻頭で「大企業のトップ13人が実名で明かす『東芝&VW事件』私はこう見る」という特集を組んでいる。

 その中で、私には納得できない発言があるので紹介しておきたい。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人社長などを務めた新将命氏は、「そもそも経営者にふさわしい人材像を多くの人は誤解している」と言っている。そして経営者にふさわしいのは、次のような人間だというのである。

「『能力はあるけど理念や倫理観がない人』と、『能力はないけど理念や倫理観がある人』のどちらが経営者として優れているかといえば、実は後者です。能力は経営者としての経験を積めばおのずとついてくる。片や、理念や人間性は、その人の生きてきた証だから、一朝一夕には獲得できない」

 言わんとしていることはわかるが、能力が経営者の経験を積めば、おのずとついてくるというのはどうだろうか? 私はちっぽけな週刊誌編集部を率いたことがあるだけだが、能力は生まれ持ったものか、その人間が相当な努力をして磨いてきたものである。編集長になってから統率力や、編集部がどうあるべきかという理念や倫理観みたいなものは取得できるが、能力はダメだと思う。

 今回の不祥事を起こした企業に共通しているのは、責任の所在をハッキリさせなかったことや、それを上に言うことができなかった組織に問題があったのだし、そんなことはどの会社にでもある。

 ということは、これからも同様の不祥事が次々に起こるということである。大きな組織は、頭からも尻尾からも腐るのである。

 私は、田中邦衛(82)という役者が大好きだ。『北の国から』(フジテレビ系)の黒板五郎役は絶品だったが、若大将シリーズの青大将や高倉健との網走番外地シリーズなど、名脇役という言葉がこれほど当てはまる人はいない。

 もう40年近くになるだろうか、雑誌のグラビア撮影のために京都のイノダコーヒーで待ち合わせ、京の町をブラブラしながら一日話を聞いたことがある。ボソボソとした話し方、時々熱くなるとツバを飛ばしそうになるところは、スクリーンそのまま。高倉健さんのことを語る時は、優しい目がうれしそうに大きく垂れ下がった。

 多くの人間をインタビューしてきたが、この時ほど温かいものに包まれるような雰囲気の中で話を聞いた経験は、その後もない。

 田中は麗澤短期大学卒業後、中学の代用教員を経て、俳優座養成所の試験に3度目で受かった。俳優としてスタートを切ってからは順風満帆そのものだった。

 彼の姿を久々に見たのは2012年8月、『北の国から』で共演した地井武男のお別れの会だった。

 今年6月に『北の国から』のプロデューサーだった恩人の葬儀に参列しなかったことから、田中の健康不安説が再燃していた。

 ポストによれば、「現在、田中は介護付き有料老人ホームに入居している。月額利用料は家賃に食事、管理費等を含めて20万円超と、その地域の相場を考えても一般的なもので、有名俳優が入居する施設としては決して豪華なものではない」。

 田中を知る関係者が、こう話している。

「ホーム内では車椅子での移動が基本。部屋で過ごすことが大半ですが、食堂やホールに顔を出す時は介護士が付き添います。(中略)やはりテレビで見かけた頃より痩せた印象は否めません。毛染めもやめているので白髪も目立ちます。ただ身体的に問題があるわけではありません。気懸かりなのは、最近ふさぎ込みがちなことだそうです」

 田中の知人によれば、「地井さんが亡くなった時は本当に落ち込んで、余りの憔悴ぶりに(高倉)健さんが自宅に電話をかけて気遣ったほどでした。でも、その健さんも昨年11月に亡くなり、続けて親交のあった菅原文太さんまで逝ってしまった。最近の邦衛さんが、精神的にも肉体的にも相当参っているだろうことは容易に想像できました」

 年齢的なものより、精神的なもののほうが大きいのであろう。田中の奥さんは、本人はしっかり足を治してから帰ってくると言っていると話し、気弱になっているところは微塵もないというが、心配である。地井の葬儀の時、田中が呼びかけたように、こう言いたい。

「クニ兄、もう一度スクリーンで会いたいよ」

12345

地井武男、高倉健、菅原文太が逝き……“名脇役”田中邦衛に「老人ホーム入居」報道のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真