日刊サイゾー トップ > 海外  > 韓国人による韓国ディスが止らない!

「ヘル朝鮮」は韓国版・今年の流行語大賞? 韓国人による“韓国ディス”が止らない!! 

hellkorea.jpg韓国社会を揶揄したヘル朝鮮地図(「DCインサイド」より)

 韓国では今年、“地獄朝鮮(ヘル朝鮮)”という言葉が大流行した。意味は字面の通り。韓国人が、自分たちの国を「まるで“地獄(Hell)”のようだ」と風刺した言葉である。

 もともとこの言葉は、2012年頃にインターネット上に登場した新造語なのだが、若者やSNS上で流行するだけにとどまらず、最近ではメディアや文化人が頻繁に取り上げる言葉になった。ネット上には「hellkorea.com」「hellkorea.net」など、自国の惨状を赤裸々に議論する掲示板サイトも乱立し始めている。またヘル朝鮮という切り口から社会問題に触れた書籍『ヘル朝鮮にハンマーを投げつけろ!』や『Hell 朝鮮? Heal朝鮮!』なども発売されている。

 今年9月にはビッグデータ分析会社・ダウムソフトが、“ヘル朝鮮”というキーワードがネット上でどれくらい使われているか調査している。それによると、2014年には5,277件だったが、15年には9月の時点ですでに10万1,700件まで爆発的に増えていたそうだ。ここ数年、日本では嫌韓現象が巻き起こり、何かと問題視されていたが、その当の韓国では今年、自国民による“韓国叩き”が、かなりの勢いで広がったことになる。

 12月1日には、全国紙であるハンギョレ新聞が「大韓民国が“ヘル朝鮮”である60の理由をお知らせします」というタイトルで記事を掲載。Twitter上に公開された60枚の写真を紹介した。それらの写真は、韓国の社会問題を取り上げたニュース番組の放送画面をキャプチャーしたものだった。

 中身を見てみると、ヘル朝鮮と揶揄される理由が、これでもかと掲げられている。「出生率、世界最下位圏」「韓国児童、学業ストレス世界最高」「引退後(老後)の生活、自信感“最下位”」「後進国病“結核”、韓国OECD中1位」「医療費増加率、OECD中1位」「会社員の有給消化率、世界25カ国中最下位」「児童福祉支出、OECD中最下位」「児童性犯罪、半分が執行猶予」「貧富の格差最大……OECD中老人貧困率1位」

 また、ポータルサイト「DCインサイド」の辞書コンテンツ「DCwiki」には、韓国をヘル朝鮮と呼ぶ理由の要約が、掲載されている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed