日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 中国美脚モデルコンテスト、顔は…

「いくら脚だけとはいえ……」中国で美脚モデルコンテスト開催も、顔面偏差値は度外視!?

legs-1ヨットの上でのショット

 中国南東部にある福建省アモイ市で11月末、脚モデルコンテストの決勝大会が開催された。全国各地から選ばれた出場者は全部で16人。主催者によると、今回のコンテストは一般的な美人コンテストとは違い、その名の通り“脚のモデル”を集めたものだという。その顔ぶれや、いかに……。

legs-2全員そろってのショット。好みの子は……

 ちなみに脚モデルになるには、全体的に脚が長いのはもちろん、膝下が太腿とほぼ同じ長さか、太腿よりもやや長いくらいが理想的で、そのほかにも、脚がまっすぐだったり、ふくらはぎは力強く、太腿は柔らかい丸みを帯びており、お尻にはぜい肉がないなど、いろいろ細かい条件があるという。

 中国では脚専門のモデルもトップクラスになればそれなりに稼げるらしく、1回の写真撮影で数十万円、年7~8回の撮影で200万円にはなるという。日給に換算したら悪くないが、年収としてはそれほど高くないともいえる。

 昼間のフォトセッションの後、夜になってから行われたコンテストでは、出場者はおそろいのTシャツにショートパンツ姿で自己紹介した後、水着審査などを経て、優勝者が発表された。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「いくら脚だけとはいえ……」中国で美脚モデルコンテスト開催も、顔面偏差値は度外視!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

中国南東部にある福建省アモイ市で11月末、脚モデルコンテストの決勝大会が開催された。全国...
写真