日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 熱しやすくて冷めやすい韓国人

空前の大ヒット→即沈静化! 「ハニーバターチップ」に見る、“熱しやすくて冷めやすい”韓国人の国民性

 たとえば11年、八道(当時は韓国ヤクルト)は新商品「ココ麺」が大ヒットし、500億ウォン(約50億円)を投資して工場を増設したが、予想よりも早くブームは去り、大きな損害を被っている。

 今回の売れ残りは一例にすぎないかもしれないが、ネット民のコメントを見る限り、みな「ハニーバターチップ」に飽きている感は否めない。一方、ヘテ・カルビーに出資するカルビーは「韓国のポテトチップスの店頭売価ベースの市場規模は『ハニーバターチップ』の登場から、170 億円(14年)~240億円(15年)へと拡大しており、「甘いポテトチップス」の市場規模はさらに広がっていくと予想しています」「ヘテ・カルビーでは今後4年以内に、売上1,000億ウォン(約110億円)、韓国ポテトチップス市場シェア40%、売上TOP2を目指します」と力強いコメントを発表しているが、果たして……。

 韓国で商品を売る際には、テレビやラジオなどマスメディアを使って宣伝するよりも、口コミを利用したほうが効果は高いというマーケティング結果が出ているが、移り気な国民の心を理解するのは至難のワザのようだ。

最終更新:2016/06/04 15:00
12
関連キーワード

空前の大ヒット→即沈静化! 「ハニーバターチップ」に見る、“熱しやすくて冷めやすい”韓国人の国民性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『きょうも厄日です』戦慄の日常

「厄日じゃねーか!」と思えるような悲惨な体験も...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

おととし韓国で一大ムーブメントを巻き起こした「ハニーバターチップ」が残念なことになってい...
写真