日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国で横行する従業員への壮絶体罰

女性への“公開ケツバット”に便器の水の強制飲用まで……中国企業で横行する、従業員への壮絶体罰

ステージ上でケツを叩かれた女性行員は、あまりの衝撃に思わずよろめく

 児童虐待が多発する中国だが、大人の世界でも人権を無視した壮絶な体罰が問題になっている。

「東網專訊」(6月30日付)などによると、パンツ1枚になった10名ほどの男たちが夜の街を徘徊させられている写真が、インターネット上に投稿された。その男たちは湖南省長沙市の美容店の従業員で、ノルマを達成していないという理由で、体罰を受けたのだった。それだけではなく、トイレの便器の水を飲まされたり、地べたを舐めさせられたり、尻を棒で叩かれたりしたという。

taibatsu01.jpg靴を履くことすら許されない
taibatsu02.jpg普通にクルマが走っているが、パンイチだと怖いものは何もない!?

 これに対し、ネット民からは非難の声が上がったが、「洗脳に成功」「オーナーはSM好きだな」といった分析も見られた。

 それにしても美容店でなぜ、ノルマを問われるのだろうか? 上海市在住のビジネスコンサルタントの日本人男性(39歳)は、こう説明する。
「中国の美容院にはたいてい、プリペイドカードがあり、5,000元(約7万5,000円)や1万元(約15万円)といった高額のチャージをさせて、顧客を囲い込もうとしています。美容師は、髪を切りながらこれを客に売りつけるのですが、あまりに強引なため、トラブルになることも少なくありません。なぜそこまで必死に売ろうとするのかというと、売れれば歩合がもらえるというのもありますが、ノルマを課せられているからです。中国の美容師は、営業マンでもあるのです」

 行きすぎた体罰は、エリートが働く金融機関でも横行している。


12
こんな記事も読まれています

女性への“公開ケツバット”に便器の水の強制飲用まで……中国企業で横行する、従業員への壮絶体罰のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

児童虐待が多発する中国だが、大人の世界でも人権を無視した壮絶な体罰が問題になっている。「...
写真