日刊サイゾー トップ > その他  > AV出演が家族にバレた時、彼女らは…

川上奈々美、森林原人、カンパニー松尾…AV出演が家族にバレた女優や男優はどう修羅場を乗り切ったのか…

 その舞台は、ワケありの男女が各々の秘密を抱えながら合コンに参加し、次第にその秘密が明かされていくという群衆劇。彼女の役は、AV女優であることを隠して合コンに参加する女の役だった。自分自身を投影した役のセリフのなかに、彼女は両親へのメッセージを込めていた。

「劇中に『両親は反対しているかもしれないけど、私はこの仕事を誇りに思っている』っていう自分で考えた長ぜりふがあったんです。もちろん、両親に舞台の内容は話してなかったんで、あれを見てもらうのは正直、一か八かの賭けでしたね」

 その舞台を見て、母は泣いていた。それ以降、二人の距離は縮まったという。

「それから少しずつお母さんとも電話で話をするようになりました。舞台も毎回、見に来てくれて、そのたび泣いてました。でもことあるごとに『早く芸名を変えて、脱がない仕事をやって』って言ってくるんですよね(苦笑)」

 そうは言うものの、彼女が弱音を吐くと、「いまさら、途中で辞めるなんてダメでしょ!」と叱咤激励してくれる、そんな関係になることができたと語る。

 続いては、東京スポーツ新聞の記者からAV女優へと転身した異色の過去をもつ澁谷果歩。彼女が親バレしたきっかけは、なんと、プロレスラーの前田日明だったという。いったいどういうことなのか?

「もともと、私の父が前田さんのリングドクターを務めていて、家族で仲良くさせてもらっていたんです。ところがAVデビューしたとき、私の『元東スポ記者』という経歴が派手に週刊誌にスクープされて、前田日明さんにも伝わったみたいで。心配した前田さんが父親に連絡したみたいで」

 父が医者で、子どもたちを幼稚園から私立のエスカレーター校に通わせるような厳格な家庭からAV女優が出るというのは、親にとっては天地がひっくり返るような衝撃的な出来事にあったに違いない。

「母から『今日、とにかく早く帰ってきなさい』ってLINEメールが来たんです。家に帰ったら仏壇に線香がたかれてました(苦笑)。母は今にも死にそうなか細い声で『澁谷果歩って知ってる?』って聞いてきたのを覚えてます」


12345
こんな記事も読まれています

川上奈々美、森林原人、カンパニー松尾…AV出演が家族にバレた女優や男優はどう修羅場を乗り切ったのか…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真