日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 「オナニー動画」をネタに恐喝

「自慰行為動画」をネタに恐喝! 中国系韓国人が仕組んだ、巧妙すぎるチャット詐欺

 確かにチョン容疑者たちの脅迫は非道だが、被害者の多くは「自分が情けなさすぎて」被害を認めたがらず、捜査に非協力的であることも明らかになっている。「隠し撮り」ではなく「自ら進んで」行った自慰行為だけに、もし公になれば、社会的なダメージもあるだろう。ここまで計算している容疑者たちの手口には、あらためて驚かされる。

 あまりにもトホホな事件に、韓国ネット民も「精神年齢の低いやつが多くて嫌になる」「詐欺集団に寛大な我が国……詐欺をしてもたった2年で出られるから、犯罪者にはとても住みやすい国だな」などと、あきれ返る声が後を絶たない。

 IT先進国をうたう韓国だが、今回は中国にしてやられた形だ。

最終更新:2016/09/02 15:00
12
こんな記事も読まれています

「自慰行為動画」をネタに恐喝! 中国系韓国人が仕組んだ、巧妙すぎるチャット詐欺のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

「入金がなければ、自慰行為映像を流出させてやる」 これは先ごろ、韓国内で横行したインター...
写真