日刊サイゾー トップ > 芸能  > 極楽とんぼが「レポ」をばら撒き

高畑裕太逮捕の影響はここにも……極楽とんぼ“謝罪ライブ”レポばら撒きも、山本圭壱復活に向かい風

高畑裕太逮捕の影響はここにも……極楽とんぼ謝罪ライブレポばら撒きも、山本圭壱復活に向かい風の画像1「山本圭壱 (@yama_gokuraku) | Twitter」より

 極楽とんぼの山本圭壱と加藤浩次が3日、北海道札幌市のライブハウスで1時間20分にわたる無料トークライブを行ったと、多くのメディアが報じている。

 この日、2人は『極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー2016』の初日公演を行う予定だったが、台風10号の影響で舞台セットや衣装が届かず、10月23日への延期を発表。そのお詫びを兼ね、集まった200人の観客へ向け“立ちトーク”を披露。「俺たちって、なんでこんなふうになっちゃうんだ? これが業なのか……」と嘆く加藤に、山本が「すみません」と頭を深々と下げると、「いや、今回ばかりは山本のせいじゃないよ! 反省するとこじゃないから」と返すなどし、笑いが起きたという。

「極楽とんぼサイドが、代替トークライブを行ったことや、トークの内容、舞台上の写真をマスコミに撒いたため、これを多くのメディアが一斉に報じている。一部スポーツ紙は、北海道へ取材に行ったわけでもないだろうに、『10年のブランクを感じさせない絶妙な間』などと持ち上げ記事を書いており、復帰を後押ししている印象。極楽とんぼサイドは、全国14カ所を回る謝罪ツアーを御用メディアに取り上げてもらうことで、“世間に許された”というイメージを与えたいのでしょう」(芸能記者)

 山本といえば、2006年7月、当時所属していた萩本欽一の社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズの遠征帯同中に未成年への淫行騒動を起こし、吉本興業を解雇された。その後、被害者の少女との示談が成立し、不起訴処分に。長い活動停止期間を経て、昨年1月に活動を再開し、今年7月放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の特番で、約10年ぶりに全国地上波復帰した。

 今回のトークライブでは、観客から「おかえりー」との言葉が飛んだというが、一方で山本に思わぬ突風が吹いている。

「高畑裕太容疑者の逮捕により、改めてこの手の事件の加害者の身勝手さが糾弾され、山本の復帰が一気に遠ざかったと言われている。ネット上では現在、『山本が復帰したら、高畑もOKってことだろ』『不起訴とはいえ、山本は未成年だしな……』など、山本の復帰に“待った”をかけるような声も。性犯罪に厳しい声が相次いでいる以上、山本にとっては厳しい状況といえそう」(同)

 裕太容疑者の母で女優の高畑淳子は、謝罪会見で息子の芸能界復帰について「してはいけないこと」と明言。山本はこれに、一体何を思ったのだろうか?

最終更新:2017/06/08 16:49
こんな記事も読まれています

高畑裕太逮捕の影響はここにも……極楽とんぼ“謝罪ライブ”レポばら撒きも、山本圭壱復活に向かい風のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

極楽とんぼの山本圭壱と加藤浩次が3日、北海道札幌市のライブハウスで1時間20分にわたる無...
写真