日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > ウワサの「裸レストラン」の実態
週刊誌スクープ大賞

1万4,000円払って出てくるのは昆虫、ザリガニにサソリ! ウワサの「裸レストラン」の実態とは?

 さて、フジテレビ系『とくダネ!』のMCである小倉智昭が、覚せい剤取締法違反で逮捕された俳優に、長年にわたって金銭的援助してきたと、先週の文春が報じていた。

「資金源」だといわれたことに小倉は、彼の絵の才能を買って絵の代金としてカネを渡していたので「資金源と言われることには納得がいかない」と自分の番組で発言した。

 今週の文春は、その人間の知人も、小倉からのカネは「彼の生活費」だったと証言し、そのカネが覚せい剤を買うために使われていたのだから、「資金源」だったことは間違いないと再び追及している。

 この中で、小倉が彼に送ったメールを公開している。国税の査察が入り、彼への送金も相当になるため、多額の税金の請求がそちらへ行く。だが、それでは大変なので、贈与税で自分の負担にしてくれ、と申し入れをした結果、1億円の納付請求が届いたとし、最後は番組の視聴率も悪くて(2013年当時=筆者注)と、泣き落としに出ている。

 要は、これ以上、お前の面倒は見られないという通告のようだが、文面を読むと、かわいそうになる箇所もあるし、なぜ、ここまでその俳優の面倒を見てきたのだろうと、疑問にも思う。

 だが小倉は、再び自分の番組の中で、「このメールは全部作り話。作り話でもいいから、彼に考えてほしかった」と語ったが、これはかえってまずかったのではないかと、見ていて思った。

 親しくしていた人間にこれほど詳細なメールを送るのは、相手も「そこまで迷惑をかけていたのか」と納得するものがなくては「考え」はしないはずだ。この2人には、まだまだ窺い知れないやりとりがあったのではないか。最近は視聴率も好調な小倉だが、これが大きなつまずきにならなければいいが。

 現代が、巻頭特集をようやく「薬と医者」キャンペーンから違うものに替えた。それが、日本の金持ちたちが“幸福者”であるかということを調査したものである。カネで幸福が買えるわけではないが、カネがないと幸福ではないというのも人生の真実ではある。

 まずは、12年連続長者番付10位以内のダイエット食品「スリムドカン」を販売する「銀座まるかん」の創業者、斎藤一人(68)という人物がいる。自らの金銭哲学や人生観を説いた本が、ベストセラーになったという。

 だが、そんな斎藤氏を病が襲う。そして回復してきたら、生死をさまよったことで、自分は天照大神の生まれ変わりだと言いだし、最近では自分の「念」を入れたという水晶玉や波動入りのマッサージクリームを売り始めたというのだ。

 新興宗教の教祖になって霊感商法のようなことを始めたことで弟子たちが離れ、奥さんとも離婚したともいわれているそうだ。

 1992年に「インボイス」を創業して東証1部に上場した木村育生氏(58)は、08年のサブプライム危機の煽りを受けて、事実上の倒産をしてしまった。稼いだおカネはゼロに。今は稼がなくては食べていけないので、再び起業したという。

 表を見ていると、M&Aに失敗してとか、脱税で在宅起訴された、不祥事を起こして逮捕、社長を解任など、一時期栄華を誇った人たちでも、死ぬまでカネ持ちで幸せに暮らしましたという人は少ないのかもしれない。

 ソフトバンクの孫正義氏は、売上高が8兆円なのに11兆円の有利子負債を抱え、その利子の支払いを考えると眠れないこともあると告白している。

 ユニクロの柳井正氏も、売り上げを維持していくためには拡大路線を採らざるを得ず、これからが不安視されている。

 まあ、私のように由緒正しい貧乏人は「幸せは心の中にあるんだ」と、昔からの青い鳥神話を口にしていればいいのだから、気楽なものである。

 ストレスをためない、気楽に生きる、これが幸せなのだと思うが、それにつけてもカネの欲しさよ、ではあるが。

 さて、文春は「メリー副社長の正体」という緊急連載を始めた。弟のジャニー氏が温厚なのに比べて、メリー氏の事務所所属のタレントに対する厳しさや、スキャンダルを報じたメディアへの抗議のすさまじさは有名である。

「事務所の2階に“説教部屋”と呼ばれる部屋があり、メリーにそこへ呼び出されたら何時間でもみっちり叱られ続ける」「酒豪として知られ、焼酎をロックで頼み、チェイサーの水で割りながら飲む。野菜はほとんど食べないが漬け物は好き」「メリーは話し合いの時には必ず録音をとる」などと報じている。

 新しいのは、彼女の父親は高野山大学を出て、真言密教を布教するためにアメリカへ行ったという件で、「メリー氏の父・喜多川諦道氏は、ロサンゼルスの高野山別院で第三代主監を務めた高名な僧侶だった。諦道氏の葬儀は大阪の三津寺で盛大に行われ、僧侶が多数参列した記録があった」(文春)。

 私も35年ほど前にメリー喜多川氏の逆鱗に触れ、会社は、私を婦人雑誌に飛ばすことで、彼女と和解した。それは彼女の弟に関する「ホモ疑惑」だったが、ノンフィクション・ライターの故・朝倉喬司氏が取材を担当した。

 生前、彼からその取材の時の模様を聞いたが、メリー氏のおっかなさがよくわかった。朝倉氏によれば、朝倉を部屋に呼び入れ、2人きりになったとき、こう言ったというのだ。

「あなたね、私がここで服を脱いで、強姦されたと騒いだらどうする?」

 取材に関しては百戦錬磨の彼が、その時だけは、「彼女ならやりかねない」とゾッとしたと言っていた。

 一度メリー氏にこのことの真偽を確かめようと思ったが、残念ながらその機会はなかった。よかったら文春さん、聞いてみてくれない?


1234567
こんな記事も読まれています

1万4,000円払って出てくるのは昆虫、ザリガニにサソリ! ウワサの「裸レストラン」の実態とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

今週の注目記事・第1位「築地市場移転を目の敵!女帝『小池百合子』熱演の代償」(「週刊新潮...
写真