日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ラリー遠田『キングオブコント』評

「コントを見る」ことの難しさとは……お笑い評論家・ラリー遠田『キングオブコント2016』評

 今回は、結果から見るとライスとジャングルポケットの一騎打ちとなっていた。1本目終了の時点では同点1位。2本目で6点差がついてライスに軍配が上がったが、審査員の評価としてはライス支持3人に対してジャングルポケット支持が2人。実質的にはほとんど差がなかった。

 ジャングルポケットは、顔と演技のクドさに定評のある絶対的エースの斉藤慎二を軸にして、その魅力を最大限に引き出すネタを作っていた。斉藤の暑苦しさは見る人を選ばず、誰にでもダイレクトに伝わる。今回披露された2本のコントは、いずれも斉藤がアクシデントに一方的に巻き込まれるものだった。斉藤が演じる人物は、どんなに悲惨な状況に追い込まれても、ちっとも悲惨に見えない。そこを笑いの核心に持ってくる作戦が功を奏していた。

 対するライスの売りは、圧倒的なネタの面白さと、それを支える演技のうまさだ。ライスの2本のコントは、いずれも1つの違和感のある設定を作り、それをそのまま押し切っていくタイプのネタ。この手のネタでは、常に見る者の期待を超えて面白さを更新していかないと、途中で息切れしてしまう。ただ、彼らは緻密なネタ作りでそのような失敗に陥らず、階段を一歩一歩上るように確実に笑いを増幅させていった。

 客席の中には、コントを見るときにどうしても身構えて硬くなってしまう人がいる。そこにひとつの壁がある。ジャングルポケットはキャラでそれを打ち破り、ライスはネタでそれを打ち破った。ライスの2人は、究極的にシンプルで隙のないネタ運びによって、コントで勝つとはこういうことだ、というのを世に知らしめたのではないかと思う。
(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

最終更新:2016/10/04 17:00
12
こんな記事も読まれています

「コントを見る」ことの難しさとは……お笑い評論家・ラリー遠田『キングオブコント2016』評のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

「二世信者」の実録マンガ

「毒親」という言葉をご存じですか? 過干渉や...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

10月2日、コント日本一を決める『キングオブコント2016』(TBS系)の決勝戦が行われ...
写真