日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 「ジャニーズ城」建設で世代交代?
週刊誌スクープ大賞

ジャニーズの威光ここに極まりけり! 渋谷に80億円の「ジャニーズ城」建設で加速する世代交代

 フライデーが、あのジャニーズ帝国が渋谷に80億円ともいわれるジャニーズ城を建てたと報じている。

「渋谷の喧騒から少し離れたオフィス街。全面ガラス張り、12階建ての、一見IT企業が入居していそうなビルがある。ここがジャニーズ事務所の新たな本拠地=ジャニーズの城である」(フライデー10月7日(金)7時30分配信より)

 SMAP解散でも、ジャニーズ帝国は揺るぎないようである。ある芸能プロダクション幹部は、こう語っている。

「ジャニーズ事務所の強みは、タレントを発掘する確かな目と、その人材を育てあげる力にある。また積極的な不動産投資によって、盤石な経営基盤を築いてきた。育成場所も設けた渋谷のビルは、ジャニーズの底力を見た気がします」(同)

 フライデーは「渋谷の新拠点は、創業者からジュリー氏へ、さらにその先へと続くために打った布石なのかもしれない」と結んでいる。これまで芸能プロダクションは、子どもや他の経営者に引き継がれると衰退するというのが定説だったが、ジャニーズ事務所はその歴史を塗り替えることができるのだろうか?

 文春は、NHKの人気番組『ためしてガッテン』などの看板番組をディレクターとして手がけた人間が、実は「変態界の巨匠」といわれ、SM写真家の石舟煌という別名で、その世界では超有名な人間だと報じている。

「石舟氏のホームページには、SM趣味の性行為の模様を収めた目を覆うような“作品”が多数アップされていた。なかには痛々しい傷口を映し出した女性の胸の写真まである」(文春)

 昔、1956年から「奇譚クラブ」に連載され三島由紀夫や寺山修司に絶賛された『家畜人ヤプー』という作品があった。著者の沼正三とは誰かが話題になり、元判事ではないかという説も取り沙汰された。

 この石舟氏、趣味を生かして何をやるのもいいが、それが高じて、付き合っている女性を緊縛して重傷を負わせてしまったというのだ。その女性はいまだに後遺症が残り、指先にマヒがあるそうである。

 文春の直撃に石舟氏はほとんど答えず逃げ去り、その直後からHPを閉じてしまったという。

 NHKは彼への聞き取り調査をしているが、今のところ処分はないそうである。

 ところで、政務活動費の不正が相次いでいる。富山市議会では市政報告会のあとの飲食の代金を報告会の「茶菓子代」として請求するなどして、政務活動費を不正に受け取っていたとして12人の市議会議員が辞職した。

 国会でも共産・小池晃氏が、同僚議員の政治パーティーに参加した際に、「金額や日付が書かれていない『白紙』の領収書を受け取り、金額などは自らの事務所で書き込んでいた――。菅義偉官房長官、稲田朋美防衛相、高市早苗総務相の3氏が6日の参院予算委員会で追及を受け、事実関係を次々に認めた」(10月6日のasahi.comより)

 文春では都議会のドン・内田茂都議をはじめ、ドンにつながる都議たちが、政活費を親族に環流していると追及している。

「内田氏は14年6月以降、政務活動費から計138万円を事務所費として『(有)トリート企画』に支出している。トリート企画の代表取締役は内田氏の次女夫婦で、事務所の土地・建物の所有も次女夫婦だ」(文春)

 ドンにつながる川井重勇都議会議長も、「川井氏は11年4月から5年間、政活費から計750万円を事務所費として『(有)ホワイト』に支出。ホワイトの代表取締役は川井氏の兄の妻で、事務所の土地・建物の所有者は川井氏の兄だ」(同)

 だが、あからさまな親族への政務活動費の横流しだが、敵もさるもの、そこには抜け穴が用意されている。事務所費については「賃貸借を業として行っている場合は親族の会社でも支出可」となっているからだ。

 ただ、都議自身が所有する物件への賃貸支払いに政活費を充てることはできない。

 文春によれば、そこで登場するのが会派「都議会自民党」を利用したスキームだという。高島都連幹事長は復活当選した13年以降、計155万円を事務所費として政活費から支出している。

 高島氏が都議会自民党支部に自身が所有する自宅兼事務所を貸している形を取っているから、これは都議会の内規で認められているのだ。

 宇田川氏も都議会自民党を介在させることで、自身の父・芳雄元都議が所有する事務所に毎月10万円、5年間で600万円を支出していた。文春によると都議4人が親族に環流させた政活費は5年間で計1,643万円になるという。

「税金が身内に環流しているという意味では、舛添氏と実質的には変わりません」(神戸学院大学の上脇博之教授)

 小池都知事は、政活費にまで手を入れる覚悟はあるか? 今のように風が追っているときでなければできない。都民の怒りが都庁、都議会に向いている今こそ、一気にやるチャンスだが、どうする小池都知事。

 小池都知事のスピード感のある進め方はいいと思うが、いつまで続けられるか、どこを落としどころにするのかで、都民の世論はガラッと変わるかもしれない。

 と思っていたら、週刊朝日が、小池都知事に早くも「限界説」と大特集をやっている。


12345

ジャニーズの威光ここに極まりけり! 渋谷に80億円の「ジャニーズ城」建設で加速する世代交代のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

今週の注目記事・第1位「紀香は知らない! 片岡愛之助が披露宴に元愛人を招待」(「週刊文春...
写真