日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 明石家さんまが『紅白』司会に?

明石家さんまの『紅白』司会で、和田アキ子が来年“復活当選”する!?

明石家さんまの『紅白』司会で、和田アキ子が来年復活当選する!?の画像1

 まだ今年も終わっていないのに気が早い話だが、来年のNHK『紅白歌合戦』こそ、明石家さんまの出番かもしれない。

 26日放送の日本テレビ系特番『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』で、さんまが一番出たい番組として『紅白歌合戦』を挙げたのだ。

 さんまは番組内で「自分の中で、出たらどうだ? という思いがある」と吐露。「実は30年くらい前にオファーをいただいたんですけど、断った」と明かした上で「今年SMAPの解散で、さんまが司会して、SMAPが歌うんじゃないかと週刊誌が書いてたけど……。それで紅白がかなりよぎったのはある」と語った。

 さんまは1983年にNHKの名物番組『クイズ面白ゼミナール』に出演中、大あくびをしたことで視聴者からクレームが殺到。それ以来、長らくNHKを“出禁”となっていたが、今年に入り雪解け。ついには、NHKで音楽番組『第1回明石家紅白!』(24日放送)を持つまでになった。

「これが伏線。このタイミングで、NHKからさんまさんに接触したのには意味がある。今年は時間的な制限から実現しなかったが、ゆくゆくは紅白司会に起用したいという思惑がある」(音楽関係者)

 さんまの“しゃべくりスタイル”と、台本に忠実な紅白は合わないように思えるが「それはそれで話題性は抜群。ハチャメチャな紅白を一度見てみたいという人も多いはず」(テレビ関係者)。NHK側が、さんまに“全権委任”する可能性が高いという。

 さんま本人も、12日放送のMBSのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で紅白に言及し「やるとしたら、来年か再来年……」と話している。

 仮に総合司会に起用された場合、何が起きるのか?

 スポーツ紙記者は「今年落選した和田アキ子さんの“復活”も十分考えられます。2人は正月の旅行先で合流するほど仲が良い。和田さんは今回の落選を根に持っているようですが、さんまさんからの頼みなら出る可能性は高い。その場合は白組でしょうね(笑)」と話す。

 今年の紅白選考をめぐっては、和田を含め、芸能界に大きなハレーションをもたらした。NHKとの関係がおかしくなったプロダクションもあるという。NHKはそうしたことを想定した上で、多くの芸能人と個人的なつながりを持つ、大物のさんまに接触。「いざとなったときに、力を借りようとしているのかもしれません」(前出テレビ関係者)と見る向きもある。

“お笑い怪獣”による爆笑紅白は実現するのか――。

最終更新:2017/06/13 19:05
こんな記事も読まれています

明石家さんまの『紅白』司会で、和田アキ子が来年“復活当選”する!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

まだ今年も終わっていないのに気が早い話だが、来年のNHK『紅白歌合戦』こそ、明石家さんま...
写真