日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 多摩川の河原で「七草クエスト」

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ……多摩川の河原で「新春・七草クエスト」

156春の七草を多摩川の河原で探してみました。

1月7日に、1年の無病息災を願って食べる七草粥。春の七草を摘んで、お粥に入れて食べるというこの風習は、平安時代から行われていたほど古く、『御伽草子』にも説話が語られているそうだ。

 春の七草といえば、最近はスーパーなどでもセットになって売られているが、やっぱり自分で探してこその縁起物だろう。そこで、野草に詳しい友人が1月3日に多摩川の河原で七草集めをするというので、それに参加させてもらうことにした。

16510名ほどが集まった春の七草摘みの会。この7種類を探します。

 当日はその友人に教わることで、苦労することなく七草をゲットするはずだったのだが、なんと主催者がインフルエンザで欠席。急遽、引率者なしの遠足に。無病息災を願うための七草粥だが、その七草を集めるためには健康でなければならないのだなと、新年早々に人生の摂理を学んだ気分である。

 とりあえず、集合場所に集まった人達と河原へと移動し、七草を探す冒険がスタート。7つの草を探すなんて、なんだかドラゴンボール集めみたいだ。

214探そうぜ、七草。

 ここで春の七草について説明すると、小学生の頃に誰もが覚えたあの7種の名前は、現在は正式名称ではないものもある。

芹:セリ=これはそのままセリ。野菜としても販売されている。
薺:ナズナ=これもそのままナズナ。通称ペンペン草。
御形:ゴギョウ(オギョウ)=ハハコグサのこと。咳や喉の痛みに良いとされ、草餅に使われることもあったとか。
繁縷:ハコベラ=ハコベのこと。ウシハコベ、コハコベなどの種類があり、七草はコハコベとされている。
仏座:ホトケノザ=タビラコ(コオニタビラコ)のことで、ホトケノザという名前の植物もあるが、これは別種となる。
菘:スズナ=カブのこと。野生のカブって生えているんですかね。
蘿蔔:スズシロ=ダイコンのこと。これも野草じゃなくて野菜だよね。

 どこでも生えている野草から、どこでも売っている野菜までさまざまだが、さて何種類が多摩川の河原で見つかるのだろうか?


12345
関連キーワード

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ……多摩川の河原で「新春・七草クエスト」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

1月7日に、1年の無病息災を願って食べる七草粥。春の七草を摘んで、お粥に入れて食べると...
写真